今注目のニュース
叶姉妹、ファビュラスな名言を繰り返し紹介する理由 「同じ内容でも…」
医療記事で「誤解与えた」 育児サイト「ベビカム」謝罪...医師からも苦言
重盛さと美の嘘にファンが翻弄されてしまう 「ナンパされるよ!」

ZZ(BEMANI)単語

ゼッツー

掲示板をみる(77)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ZZ(BEMANI)とは

  1. The Legend of MAX」のアーティスト名義。作曲NAOKI
  2. パステルくんスミス氏のRUNRUNマラソン!」における「jubeat saucer」と「REFLEC BEAT colette」に共通する新曲。 本稿で解説。

概要

 2013年4月1日よりjubeatREFLEC BEATの連動イベントパステルくんスミス氏のRUNRUNマラソン!」において、第2回大会を両方ともゴール50周)すると出現する楽曲。groovin'!!稼働現在リフレクショップにおいてリフレを支払うことで解禁・常駐出来る。

dj TAKAの別名義であるD.J.Amuroの単独としては通算4曲の楽曲で曲調は同じ名義・BPMの「AA」や「F」に近いが、サビでのシンセ音は今までの曲よりもユーロビート色が強くなっている。

読み方はdjTAKAツイートから、「ゼッツー」と読む。

AmuroなのにZZAmuroなのにZIIとか思うは多分、夢を忘れた古い地球人なのだろう。

難易度

機種 jubeat REFLEC BEAT beatmania IIDX
BASIC ADVANCED EXTREME BASIC MEDIUM HARD NORMAL HYPER ANOTHER
Level 5 8 10 4 8 10+ 6 10 12
BPM 154
アーティスト D.J.Amuro

イベントの最終解禁曲ということもあり、どちらでも最高難易度レベルに設定されている。

 jubeat譜面は、同じ譜面を何度も繰り返す場面が多い。譜面研究をすると伸びやすいが、安定させられない場合はその譜面がひたすら続くことになるので、実が伴わないとかなり難しく見えるかもしれない。

REFLEC BEATでは、coletteからよく登場している、3つのチェインオブジェや3TOP全てをつかった3列トリルが頻出している。通常オブジェの場合は3列が順番に並ぶとは限らないため、トリルを安定してらせるスコアだけでなく、順番を見切るも必要。 
2回のサビの終わりには通常オブジェのみ、3TOPのみの同時押しを16分で交互にく、beatmaniaで言うところのデニム押しのような配置が降ってくる。その圧倒的な物量は圧巻。 

D.J.Amuro氏単独の楽曲がIIDX以外の機種で初出だったのは初めてであり、初登場時からIIDXへの移植を望むが多く上がっていた。近年の傾向から、この楽曲は連動イベントでの移植玉になるだろうという見方が濃厚であったが、beatmania IIDX 22 PENDUALロケテストにおいて収録が確認。本稼働で晴れて正式に移植となった。大方の予想を覆してデフォルト曲としての収録である。
2014年11月20日よりANOTHER譜面が解禁。AA(A)と較すると難易度若干抑えめであるが、二重階段はしっかり配置されており、DPH及びSPA譜面にはCNも搭載されている。先の2機種と同じポジションと言えるだろう。

関連動画

関連商品

 

関連コミュニティ

 

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/22(木) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/22(木) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP