単語記事: 楠幸村

編集

くすのきゆきむらとは、ぼくはともだちがすくないにとうじょうするひろいんのひとりである。

こえ:山本希望

がいようです、あにき

クロニカ学園高等部1年1組。誕生日6月13日
メイド服を着ている寡黙・不思議系の「自称」男の娘原作5巻半ば以降はメイド服執事に変更。
台詞ひらがなで書かれることが多い。一人称は「わたくし」。

母親が戦武将のように堂々としたになってほしいと願って名前をつけ、本人も名前負けしない「りっぱなにっぽんだんじ」になることを標としている。しかしながらその本人の振る舞いと外見とのギャップに戸惑い、接し方のわからない同級生から距離を置かれてしまい、友達ができなかった。

コワモテの外見で人を遠ざけ、一匹のように群れを成さず、一人でも堂々と振舞っている羽瀬川小鷹(ただのぼっち)に憧れを抱き、隣人部に入部して「しんのおとこ」をすことになる。小鷹を「あにき」と呼び慕う。

命令に従順だが思考が極端で、勘違いや思い込みがしい。小鷹の言うことには何でも従い、小鷹のためなら何でもする。しかしそのっ直ぐすぎるがゆえの扱いにくさに小鷹らは手を焼いている。

三日月夜空の提案により部活動の際はメイド服執事)を着ている(部室内および外出時)。
自発的には何もせず、他の部員が読書ゲームで時間を潰している間も小鷹の側でぼーっと立っている事が多い。
歴史マニアで武将好き。

下ネタバレのため反転

原作5巻にて、「男の娘」ではなく正正銘の「女の子」という事が判明する。
本人は本気で自分の事を男だと信じ込んでいたようで、それまで周囲に摘されても本気にしていなかったとの事。
小鷹らは何故そうなったのか理由を問いただすも「かていのじじょう」の一言で終わってしまい、詳細な事情は本編ではられることはなかった。

しかし原作の「CONNECT」にて遂に「かていのじじょう」の相が判明する。
かつて彼女の母親姫子はヒモDQN男と付き合っていたが、子供が出来た事を知ると男は失踪してしまう。
ダメな男に引っかかってしまった事、会社でセクハラを受けていた事等から「女に生まれても不幸なだけ」という想いを
抱いた姫子が「女に生まれた不幸に負けず、戦武将のように強く逞しくなってほしい」という願いから「幸村」という
名前を付けたのだが、幼い頃からこれを聞かされていた幸村はこれを拡大解釈し、自分は男だと思い込んでしまう。
シングルマザーになった姫子仕事中心の生活で幸村との時間があまり取れず、上記の勘違いが訂正されないまま
小学校に進学、小学校の担任は幸村の言動がおかしい事に気付くも、「幸村が自分は男だと思い込んでいるのは
性同一障だから」とこれまた勘違いして様々な手をうった事もあり何事も起きずに済んでいた。
以降の進級、進学の際も幸村の「性同一障」の件は申し送り事項として伝えられ、同様に手をまわされていたために
幸村の勘違い高校入学後も続いたまま隣人部に入部する事になる。

ネタバレここまで

かんれんしょうひん

かんれんせいが

かんれんこみゅにてぃ

かんれんこうもく

僕は友達が少ない
登場人物 隣人 羽瀬川小鷹 - 三日月夜空 - 柏崎星奈
志熊理科 - 羽瀬川小鳩 - 楠幸村 - 高山マリア
関係者 高山ケイト - 柏崎天馬
題歌 残念系隣人部★★☆(星二つ半)

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%A5%A0%E5%B9%B8%E6%9D%91
ページ番号: 4651015 リビジョン番号: 1750094
読み:クスノキユキムラ
初版作成日: 11/06/10 01:33 ◆ 最終更新日: 13/02/18 23:51
編集内容についての説明/コメント: 「かていのじじょう」を追記。ネタバレのため反転。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

楠幸村について語るスレ

132 : ななしのよっしん :2014/02/19(水) 15:35:38 ID: /L5okCecOv
少年のような見ただけど実は女設定は
まあよくあるが、女の格好しているけど本当は
男って設定で実は女でしたは中々しい
133 : ななしのよっしん :2014/02/20(木) 20:05:10 ID: fTYckW5mAo
>>132
幸村は『バカテス』の木下秀吉を意識していた節があるし(そもそも『はがない』自体が既存のラノベを装いつつ笑い倒すという構造になっているのだと思う)、初期設定では本当に男という設定だったのかもしれない。
ただ「実は女ということにして『隣人部が小鷹の望む環境だった』という方が面いんじゃないか」と作者が気づいて変更した可性はあると思う。
134 : ななしのよっしん :2014/02/21(金) 01:34:25 ID: Q6Slf2SJYO
男の娘って本当れたよな
昔はあんなに人気があったのに
135 : ななしのよっしん :2014/02/24(月) 20:20:09 ID: fTYckW5mAo
>>134
全盛期でも熱狂的なファンが騒いでいて多数のように見えていただけだと思う…。
本筋から離れてしまうし、「男の娘」を否定するつもりはないけど、男の娘って(「男の強さと女の美しさを兼ね備えている」という意見もあるが)中途半端なんだよな。
たまに男の娘モノで抜くことがあるが、終わった後に「やっぱり普通女の子がいいなぁ」となる…。
136 : ななしのよっしん :2014/03/15(土) 21:13:00 ID: oRzkz3VvfQ
男の娘男性から本当の意味で人気を博した事は未だいと思う
しばしば強インパクトを持つキャラが出てくるけど、
あくまでも半ばネタのような取り上げ方しかされて
あえて男の娘を好むような層は作り手も受け手も女性の方が多いように思えるが・・・
137 : ななしのよっしん :2014/03/24(月) 21:04:24 ID: fTYckW5mAo
>>136
女性人気が高いかどうか、そういった資料を知らないから断言はできないが、>>136さんがおっしゃるように「強インパクト」だけで終わって継続した人気を獲得できないキャラが多いと思う。
ここの掲示板でも対される『こち亀』のマリアにしても高松監督が「ゲストキャラが男と知らず惚れてしまう展開しかできず扱いずらかった」といった話をしていたが、男の娘キャラは初回のインパクト(男か女かわからない)を引きずるしかないのかもしれないね。
ただ幸村に関しては女と自覚した上で小鷹を狙うキャラになったというから、その先を期待してもいいのかもしれない。
138 : ななしのよっしん :2014/05/15(木) 09:27:40 ID: CzsdxtZIVN
男の娘男の娘が受けたのではなく秀吉が受けただけっていう話があってしっくりときた覚えはある
139 : ななしのよっしん :2014/06/05(木) 01:53:44 ID: CNvd9MEdfp
とりあえずおめでとうと。
隣人部の勝者は幸村だ。
140 : ななしのよっしん :2014/06/05(木) 07:36:37 ID: r5I4SW5Jya
どこまでも「女」だなぁ
ここまで女だとは思ってなかった
141 : ななしのよっしん :2014/06/11(水) 01:18:40 ID: mh3QWhYDUF
まさか、以前予想した事がばっちし当たるとは
こっちでは見事に本突入して敵将を討ち取った感じだな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015