単語記事: Ponanza

編集

Ponanzaとは、山本一成が開発したコンピュータ将棋ソフトウェアである。
第1回将棋電王トーナメントから下山が開発に加わった。

主な実績

2013年3月30日第2回電王戦第2局で佐藤慎一四段と対戦して勝利し、
現役のプロ棋士の場で勝った史上初の将棋ソフトとなった。

2013年11月2-4日の第1回将棋電王トーナメントで優勝し、初代電王となった。

この活躍もあってか、第26期竜王戦におけるニコニコ生放送では「ponanzaによる現局面の評価値」や、「ponanzaの考える次の一手と読み筋」が中継画面に表示されるように(竜王戦スポンサー読売新聞の強い意向とのこと)。あくまでponanzaの見解ではあるが「現在どちらが有利そうな局面か」を数字で表示するため、視聴者にも一見してどのような展開なのか分かりやすく、次の一手も解説の棋士が実際に検討して「あまりピンと来ない」と解説したり、「最初は「ないかな」と思ったけど、検討すると意外と面そう」と賞賛したりと、「観る将棋」の新しい切り口を提供することにも一役買っている。

名前の由来

Bonanzaへのリスペクトを表した名前だが、現在はBonanzaライブラリ不使用である。
POnanza is Not bonANZAPonanzaとのこと。

特徴

ponanzaの持ち味は、本来コンピュータ将棋が弱点としている「序盤戦」の強さにある。

コンピュータ将棋ソフトはその特性上、様々なし手を考えることができる(=あらゆる可性を考えざるを得なくなる)最序盤が特に苦手とされている。
そこで、多くのソフトプロ棋士が今までにして確立した数多の「定跡データ」を元に、苦手な最序盤を進めていく。

対してponanzaはその定跡データに頼ることなく、自で序盤を考え、自ら定跡を創るかの如くしていく。
そのための長考すら厭わない、独創的な序盤戦は「ponanza定跡」と呼ばれるほど。

 開発者の山本氏いわく「今のコンピュータ将棋特定の部分だけが異常に強くなっていてバランスが悪い」、
「もっと総合的に強くしていかないと、これ以上の進化は難しくなってくる」と言う趣旨の内容をっており、
これを踏まえて総合的に強くするための方策のひとつとして、序盤戦を強化しているようだ。

中盤以降の緩急自在な鋭い攻めも特徴的。その容赦のなさゆえ、一部では「狂犬」の名で恐れられている。
電王戦FINALへの道」で小手指しを行った村山慈明七段(&解説の金井恒太五段)がったところによると、
羽生名人と同じ臭い」のし方をしてきたかと思えば、次のし手では一転して「加藤一二三九段みたいに重厚な攻め」を仕掛けてきた、とのこと。

出場した大会

世界コンピュータ将棋選手権

世界コンピュータ将棋選手権には第19回から参加。年々成績が上がっている。
23回,第24回共に勝敗は優勝チームと同じ(5勝2敗)ながら、SBで1ポイント負けて2位となっている。

第19回 1次予選13位
20回 2次予選8位 アピール文
21回 決勝5位 アピール文
22回 決勝4位(電王戦出場) アピール文
23回 決勝2位 アピール文
第24回 決勝2位 アピール文書
25回 優勝 アピール文書

な棋譜:
第22回決勝 4回戦 Puella α - ponanza
第22回決勝 6回戦 ponanza - ツツカナ
第20回一次予選 3回戦 稲庭将棋 - ponanza

第2回電王戦

22世界コンピュータ将棋選手権4位の成績から、次鋒として出場し、佐藤慎一四段に勝利した。

(ソフトウェア工学的にはあまり褒められたことではないが)調整はギリギリまで行っていたという。

当日は自分で所有するCore i7 990X ExtremeEditionとCore i7-3770KとBiglobeから借りたXeonサーバ8台(合計10台)を使用。1秒間に読める手数は3000万局面~4500万局面のとのこと。なお、Core i7-3770Kについては自作していた物と思われる。

電王戦タッグマッチ

佐藤慎一四段とタッグを組み、三浦-GPSタッグを破って優勝した。

第1回将棋電王トーナメント&第3回電王戦

第1回将棋電王トーナメントで全勝優勝し、初代電王となった。
これにより、第3回電王戦大将として出場することが決定した。
今回から開発に加わった下山将棋ソフトBlunderの作者としても知られる。

第3回電王戦・最終局では屋敷伸之九段と対局し、熱戦を制して勝利した。

 第2回将棋電王トーナメント&電王戦FINAL

第2回将棋電王トーナメントにおいて予選を全勝、1位通過する快進撃を繰り広げ、準決勝まで敗を貫いた。
迎えた決勝においてAWAKEとの一騎打ちの末、最終盤の逆転によって惜しくも敗北、準優勝となった。
決勝戦直後のインタビューでは言葉をつまらせる山本氏の姿があった。

準優勝の功績を讃えられ、電王戦FINAL第4局に参戦。
2015年4月4日奈良薬師寺にて村山慈明七段と対局。97手にてponanza村山七段を投了させ、勝利した。

電王戦FINAL第5局のコンピュータ画面でもゲスト出演。盤上の評価値算出ならびponanza自身の予想手を表示している。 

関連動画

関連生放送

関連コミュニティ

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/ponanza
ページ番号: 5042755 リビジョン番号: 2257868
読み:ポナンザ
初版作成日: 13/02/13 09:24 ◆ 最終更新日: 15/09/06 21:46
編集内容についての説明/コメント: 出場した大会 世界コンピュータ将棋選手権 に第25回の結果を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Ponanzaについて語るスレ

17 : ななしのよっしん :2015/04/12(日) 14:15:33 ID: X5ZZXRv7QN
Final様過ぎるAWAKE開発者の言い訳見た後だと、ちゃんとの対策入れて弱点修正の努をしているPonanzaのほうがよっぽど「強い」んだなと思ったわ
18 : ななしのよっしん :2015/04/14(火) 21:04:46 ID: RRCC22+2PT
>>17
人間に対してはな
19 : ななしのよっしん :2015/04/17(金) 03:18:24 ID: j7y6q5IX+P
ランダム性を入れたが故に全体的なはやや下げたが、
それ故にコンピュータを突かれずにFINALで勝利したPonanza
を上げることをめたが故にコンピュータならではのをつかれ、FINAL投了してしまったAWAKE
まるで漫画の様なストーリーだったな・・・
20 : ななしのよっしん :2015/04/20(月) 19:20:17 ID: djEdhb7jfQ
楽観類の攻め好き、最狂などと恐れられる積極攻勢の棋と思われていたが、
電王戦FINAL第四局のでは乱数の気まぐれか、大きく手損した低い形からじっくり押し上げて重厚に圧迫する、古老のようなし回しをした。
強い相手には、ある種の格調高さ、芸術性を発揮するような素質がある
21 : ななしのよっしん :2015/05/09(土) 15:04:40 ID: OJ5+LC0akp
コンピュータ将棋選手権でも初優勝
電王トーナメントで泣いてから優勝するあたりストーリー映えするなほんとに
22 : ななしのよっしん :2015/11/25(水) 17:20:51 ID: qFcp40L2Bm
他のソフトべても一つ上って感じがする
23 : ななしのよっしん :2016/03/30(水) 15:57:35 ID: VkevpgbPwD
>>lv250351240

24 : ななしのよっしん :2016/05/01(日) 22:41:57 ID: C2gqwTG1/i
floodgateでレート3700いってるから技巧、NDF、やねうら王Aperyうさぴょん2あたりの最強クラスソフト群(だいたいレート3400~3500)とべてもマジで頭一つ分くらい抜け出してきてる
3日からのWCSCはここらへんのソフトが上げて来てないと、去年同様Ponaによる虐殺ショーになる危険性が…
個人的な要望としては下山さんにPona開発で培ったノウハウを活かしてBlunderNEXTを作ってもらって、Pona攻めを受け流す対抗、第一線から退きつつある受け棋ソフトにして欲しいところなんだが
25 : ななしのよっしん :2016/05/06(金) 20:16:23 ID: UezB1KfWoR
WCSC二連覇おめ
技巧も強かったなぁ
ポナvs技巧のレベルだと先手を引いた方が勝ちって感じなのかな
26 : ななしのよっしん :2016/05/20(金) 14:42:12 ID: 2ep0rqVu2x
>>244
SilentMajority(Apery+stockfish7)が最高レート更新してるから
技巧がオープンソース化されたらR4000に届いても驚かない
強いと言っても1年もリードしていない、まさに女王
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015