爾雅単語

ジガ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

爾雅とは、代に成立されたとされる辞書である。現在に伝わるものとしては中国最古の辞書。十三経の一つ。

概要

「尚書」や「経」などの経籍に現れるの意味・解釈をまとめた辞書である。だれがいつ頃編纂したのかは不明である。周代に周が編纂したとか、孔子、子らが増補したとかという説もあったが、現在では代に、それまでの積み重ねられてきたの解釈をまとめて成立し、また順次を増やしていったものとされる。

「爾雅」では、19篇からなりを意味によって分類し並べている。各篇の名は「釈○○」となっていて、たとえば、「釈木」であれば木の名前、「釈親」であれば親兄弟の呼び方がまとめてある。「書・芸文志」には、20篇とあるがこれは釈詁を上下篇に分けて数えるためらしい。

名前の由来

爾雅という名前の由来については分かっていないが、「爾」は近づく、「」は正しいと解釈すべきではないかとされている。

各篇

釈詁
動詞を中心にまとめられた篇で、この篇が爾雅でもっとも初期に作られた篇とされる。
釈言
動詞を中心にまとめられた篇で、釈詁から漏れたを集めて作られた篇とされる。
釈訓
を中心にまとめられた篇。
釈親
兄弟・親戚の呼び方をまとめた篇。
釈宮
建物に関するについてまとめた篇。
釈器
器物に関するについてまとめた篇。
釈楽
音楽楽器に関するについてまとめた篇。
文・に関するについてまとめた篇。
釈地
地理に関するについてまとめた篇。
釈丘
丘に関するについてまとめた篇。
釈山
山に関するについてまとめた篇。
河川に関するについてまとめた篇。
などについてまとめた篇。
釈木
木などについてまとめた篇。
昆虫などについてまとめた篇。
についてまとめた篇。
についてまとめた篇。
釈獸
野生の動物についてまとめた篇。シカネズミなど。
釈畜
畜となる動物についてまとめた篇。ウマウシなど。

爾雅をもとにした書

爾雅を増補したものとして、「小爾雅」、「広」がある。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%88%BE%E9%9B%85

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

爾雅

1 ななしのよっしん
2014/10/20(月) 21:27:02 ID: roAoEcUSNS
ニコニコ大百科ってこんな記事もあるんだな