単語

コヨミ

とは、以下のことを表す。

主な暦法

暦は国家運営において非常に重要なものであった。これは農作業の適切な時期を見極めるのに暦が必要だったからであり、権者は学者を集めて体の周期性を研究させ(天文学)、これを利用した暦を考案させた。

以下にな暦法を示す。

太陽
地球転周期を根本においた暦法。
グレゴリオ
太陽暦の一つで現在もっともよく使われている暦法。1年を365日とし、400年に97366日を1年とする閏年を設ける。
ユリウス暦
太陽暦の一つでグレゴリオ暦の前によく使われた暦法。4年に1度閏年を設ける。
太陰暦
地球衛星のほうの)転周期を根本においた暦法。地球転周期とは関係なく1年は12ヶとするため、季節とはばらんばらになる。
太陽太陰暦
(暦の)は(地球衛星のほうの)転周期を根本にし、年は地球転周期を根本にした暦法。両者の差(365.24[日] - 29.5 * 12[日]) などで調整。

漢字として

Unicode
U+66A6
JIS X 0213
1-46-81
部首
日部
画数
14画
Unicode
U+66C6
JIS X 0213
1-85-39
部首
日部
画数
16画
𢍷
Unicode
U+22377
部首
山部
画数
22
意味
旧字は曆。
こよみ、体の動きを観て時を定める、歳、数、運命、日記、という意味がある。〔説文新附〕には「厤なり」とある。
またと通用する。また清代にはの諱(暦)であるので、使用が避けられ代わりに厤、歴が用いられた。
字形
諸説ある。〔説文〕は厤の形としている。厤は等間隔に並べるという意味がある。
ほかに厤+の会意説(白川静)などがある。白川が暦と解している甲文・文の、厤+もしくは厤+口という字は、文では蔑暦というでよく使われる。これは軍功を評する意。白川は厤を軍門、を祝器と解しており軍功をに告げる意の字としている。厤+を𤯍(𤯌)と隷釈する説もある。
音訓
読みレキ、リャク、訓読みは、こよみ、いさおし、かず。
規格・区分
暦は常用漢字である。JIS X 0213第一準。
曆は人名用漢字である。JIS X 0213第三準。2004年に人名用漢字に格上げされた。
暦官・暦日・暦術・暦数・暦年・暦法・暦命

異体字

  • 𢍷は、〔字彙補〕に暦の古文とあり、〔説文先訓〕には、暦・歴・厤の三つの初文とある字。
  • 历は、暦の簡体字で、歴の簡体字でもある。
  • 略してとも書く。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9A%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 暦についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!