自由党(イギリス)単語

ジユウトウ

自由党(じゆうとう、Liberal Party)とは、イギリス政党である。

概要

世界最古の政党である「ホイッグ党」を前身とする政党であり、現在でも「ホイッグ」と通称される。

近代政党としての確立保守党若干遅れ、1859年頃となる。近代政党化以降は職業ブルジョワジー勢を支持層とし、自由義をイデオロギーとした。

保守主義を掲げる保守党とは19世紀後半から20世紀初頭まで50年間に渡って二大政党制を維持した。しかし、1920年代以降は労働党の勢が拡大し、それ以降は第三党としての立場となる。1983年以降は社会民主党と統一会を結成し、1988年には両党が合併、「自由民主党」への発展的解党となった。

現在でも社会民主党との合併に反対する勢は「自由党」として活動しているが、政や欧州議会では議席を有しておらず、地方議会での活動にとどまっている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%87%AA%E7%94%B1%E5%85%9A%28%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

自由党(イギリス)

1 ななしのよっしん
2016/06/20(月) 21:03:21 ID: tDG/LVTycZ
ホイッグ党時代から自由義的ではあったようだが、労働者票を労働党に取られたのが転落の原因なのか?当時としては保守党べると自由義ですらかなり革新的だからな

急上昇ワード