編集  

単語

サヤ

とは、身を収めるための筒状の具のことである。

概要

身の保護と、利用者自身や周囲の保護のため、不使用時、携行時に身を収めておくために使う。革製、金属製、木製などがある。携行時には、帯やベルトに固定したり背中にくくったりする。

漢字として

Unicode
U+9798
JIS X 0213
1-30-68
部首
革部
画数
16画
意味
  1. 身を収める
  2. の先端の紐、しおで(の前後の輪につける紐)
説文解字・巻三・新附〕には「室なり」とあり、さやの意が載っている。〔玉篇〕には「なり」とある。
字形
符は
音訓
読みは、1.の場合、ショウ音)、2.の場合、ソウ音)、ショウ音)。訓読みは、さや、しおで。
規格・区分
人名用漢字である。2004年に人名用漢字に採用された。JIS X 0213第一準。

異体字

  • 削は、さやという意味があり、その意味での異体字。〔説文〕には「削、鞞(さや)なり」とある。〔段注〕に「削・、古今の字」とある。現在では削は削除の意味で使われる。→
  • は、〔集韻〕に「室なり。ひは革にふ」とある異体字。
  • 𤿨は、〔集韻〕に「室なり。ひは皮にふ」、〔正字通〕に「に同じ」とある異体字。
  • は、〔龕手鑑〕に「:俗、:正」とある異体字。〔正字通〕に「俗字」とある。
  • 箾は、〔漢語大字典・異体字表〕にある異体字。竿状の具、竿で撃つという別の意味がある。
Unicode
U+97D2
部首
韋部
画数
16画
Unicode
U+97A9
部首
革部
画数
18画
𤿨
Unicode
U+24FE8
部首
皮部
画数
12画

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%9E%98
ページ番号: 4704325 リビジョン番号: 2357895
読み:サヤ
初版作成日: 11/08/21 14:10 ◆ 最終更新日: 16/05/04 11:59
編集内容についての説明/コメント: スタイル修正、異体字追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鞘について語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 鞘についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード
ニコニコニューストピックス