Jailbreak単語

ジェイルブレイク

Jailbreakとは、「脱獄」を意味する英単であり、コンピュータを突いて制限を解除し、メーカーの意図しないアプリケーションを動作できる状態にすることをす。

曖昧さ回避

概要

日本では、Apple製品の制限を解除することを多くし、しばしばJBと略される。

通常、製品にインストールできるアプリケーションは、Appleの審を通過したApp Storeで販売されているアプリケーションのみである。
著作権上等の問題があれば審は当然通過できず、それらの非純正アプリケーションインストールできない。
しかし、Jailbreakツールを用いることで制限を解除し、外部で製作された様々なアプリケーションも使用することができるようになる。

但し、Jailbreakを行うとAppleサポートを受けられなくなり、故障の原因にもなりうる。
また、Jailbreakを行った機器を対としたコンピュータウイルスも存在する。
さらに、Jailbreakした端末にOpenSSHインストールすると、rootのパスワードが既知(mobileという別アカウントとともに初期値はalpine)であるため容易に乗っ取られる危険性もある。 

アメリカでは、AppleはJailbreakの行為は著作権法に抵触するという見解を示しているが、NGOが反論している。

紐付き脱獄(tethered jailbreak)と紐なし脱獄(untethered jailbreak)

紐なし脱獄

紐なし脱獄とは全な脱獄状態のことで、再起動しても脱獄状態で正常(?)に再起動することができる。

一般的に脱獄という場合はこちらをす。

紐付き脱獄

一方紐付き脱獄は起動している間は普通脱獄と変わらないが、再起動するとアップルロゴのところで止まってしまう不全な脱獄で、仮脱獄とも呼ばれている。

再起動する際はパソコンとつないで操作しなければならない。

リリースされたばかりのiOSでは紐つき脱獄しか出来ないことも多い。

半紐付き脱獄

さらに半紐付き脱獄というものもある。これは紐付き脱獄状態でCydiaからSemiTetherというアプリインストールすることでなる。

基本的には紐付き脱獄と同じだが、もし再起動してしまっても非脱獄状態に近い状態で起動することは出来るというものである。

ただしCydiaJBアプリはもちろんのこと、Safariメールを使うことが出来なくなる。電話SMSは使えるため、応急処置にはなる。

現在iOS 5.0.Xは紐付き脱獄しかできないが、iOS5にも紐なし脱獄できるセキュリティホールが見つかっている。バグがまだ多いためリリースできるレベルではないが、いずれリリースされるであろう。

また、iPhone4SやiPad2脱獄自体ができないが、Apple A5にも脱獄できるバグが発見されており、iPhone4S・iPad2向けのリリースも時間の問題かと思われる。

iOS5.0.2でこのセキュリティホールが塞がれる可性もあるため、脱獄を考えている人はむやみなiOSアップデートは控えた方がよい。

iOS4.X以下ではSHSHを保存しておくことでiOSダウングレードをいつでも行うことができたが、iOS5から仕様が変わってSHSHがワンタイムのものになってしまい保存が利かなくなっているためなおさらである。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/jailbreak

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Jailbreak

1 ななしのよっしん
2012/04/14(土) 00:14:47 ID: HVCG/fVW52
Appleサポートを受けられなくなるってどうなるの?
ウイルスが入っても直してもらえなくなったり?
2 ななしのよっしん
2013/03/28(木) 08:08:39 ID: R94pSmfey2
iPhoneを半分に割ってツナマヨを間に挟み
「iツナマヨサンドになったぞー^^」って遊んだ結果
iPhoneが使えなくなってもAppleは一切の責任を負いません

ってあたりまえの話じゃね?
3 ななしのよっしん
2013/06/09(日) 14:30:43 ID: R0y82st+zD
脱獄で壊れたっつーなら保外でも納得だけど、脱獄する前から欠陥あったのに脱獄を理由に保外にするんだったら、がっかりだな