John Abercrombie単語

ジョンアバークロンビー

John Abercrombieジョンアバークロンビー)とは、1944年12月12日アメリカ合衆国ニューヨーク州ポートチェスター生まれのジャズ/フュージョンにおける代表的なギタリストの一人である。

バップジャズロック等のあらゆるスタイルに精通しており、70年代フュージョンシーンにおいて猛威を振るったギタリストと言われている。

同年代のジャズ/フュージョンギタリストの代表格ラリー・コリエルジョンマクラリンが台頭してきた70年代初頭、ロックの技法等をジャズに盛り込む、いわゆるジャズロック/フュージョンといわれるジャンルシーン流となっていた・・・そんな中60年代ジャズギタリストの中でも独自路線を行き、先進的な試みをしていたジム・ホールからの流れをみ、ジムホール的な和感覚を取り入れることで、ミック・グッドリックとともに最もい時期に現代ジャズギターの最も典的なスタイル確立したギタリストとして、コリエルマクラリンらと一線を画す存在である。  

概要

経歴

1962年~66年、名門バークリ音楽院在学中にジョニーハモンドスミスバンドツアーを経験し、
プロとしての経歴をスタートさせる。
1969年ニューヨーク進出、チコハミルトングループや、ビリー・コブハムやブレッカー兄弟が結成したジャズロックバンドドリームス”に参加。
1974年ヤン・ハマージャック・ディジョネットらとのトリオで初リーダー作となる『Timeless』発表。
1975年イヴ・ホランドジャック・ディジョネットとのトリオで『Gateway』を発表。
1976年に録音されたラルフタウナーとのデュオ『Sargasso Sea』でも話題を集めた。
1975年から~77年にかけてはデイヴ・ホランドジャック・ディジョネットとのトリオで活躍し、1978年~81年ごろまでは自己のカルテットを率いて活動、1984年John Abercrombie』で自己のスタイル完成させた。
また、80年代後半からは、マークジョンソン、ピーター・アースキンとのトリオでの活動がメインとなり、88ギタートリオJohn Abercrombie,Marc Johnson,Peter Erskine』を発表する。
近年では、オルガンとの共演が多くなっているが、いわゆる”オルガンジャズ”といわれるファンキーものとは質を異にする、アバークロンビーらしい冷と熱を同時にんだ、暗くて叙情的な作品を多く発表している。

 ※いずれもECMレーベルから発表。 

余談

ギルエヴァンス1974年の作品『プレイズ・ジミ・ヘンドリックス』にて、ジミ・ヘンドリックスの代役を務めている。

関連動画

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/john%20abercrombie

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

John Abercrombie

1 ななしのよっしん
2010/04/12(月) 09:20:51 ID: Bhpj52xzSF
記事乙

急上昇ワード