YZF-R6単語

ワイゼットエフアールシックス

YZF-R6とは、ヤマハ発動機が開発・製造しているスーパースポーツ(フルウル)タイプ楽器オートバイ(大型自動二輪車)である。

概要

ヤマハ600ccクラススポーツマシン。YZF600Rサンダーキャットの後継として1998年デビューLED方式のテールランプ、電子制御スロットル(YCC-T)、マグネシウムリアフレーム、可変吸気管長機構(YCC-I)等が採用・投入されている。

モデルチェンジについて

YZF-R6は2014年現在フルモデルチェンジを3回を行っている。

中でも2006年フルモデルチェンジは、ついに吹っ切れてそれまでのコンセプトを大きく変えており、600ccバイクの中でも潔いほどサーキット志向に振ったバイクと化している。

そのあまりの過故に、当初欧では前モデル(2005年モデル)も継続販売されていた。

2006年以降のモデルは一般よりサーキットでの方がゴロゴロいたり・・・。

日本での販売

2014年現在海外では継続販売されているが、日本では2010年式を最後に日本国内には正規販売されていない。理由としては検に対応出来なくなった為である。

※並行輸入で購入出来るショップもあるようだが、自己責任で。

参考:YZF-R6 2011年モデルの取り扱いについて(プレスト)exit

スペック

2010年式(カナダ仕様

エンジン 冷・4ストローク・DOHC・4バル
気筒配列 並列4気筒
総排気量 599cm3
最高出 91,0 kW (129PS)/14.500 rpm
最大トルク 65,7 Nm (6,7 kg-m)/10.500 rpm
全長 2,040mm
全幅 705mm
全高 1,100mm
シート 850mm
装備重量 189kg
定員 2人
燃料タンク容量 17.0L(ハイオク定)
タイヤサイズ 前:120/70-ZR17M/C 58W
後:180/55-ZR17/C 73W
始動方式 セル
備考 マグネシウムリアフレーム、電子制御スロットル、
可変吸気管長機構、スリッパクラッチ搭載

関連動画

主なライバル車種

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/yzf-r6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

YZF-R6

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • YZF-R6についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!