今注目のニュース
帝王・村西とおるが語るAV業界の本音「嘘でなければ真実を描けない世界」
東北道・蓮田SAでトラック運転手が立ちション 運送会社は「あり得ない」
洗顔を邪魔して水を飲む猫さま ひたすら待つ飼い主さんは「これからも猫の奴隷業がんばります」

うずまきボルト単語

ウズマキボルト

掲示板をみる(323)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

負ける気がしねぇ!

うずまきボルトとは、週刊少年ジャンプに連載されていた漫画NARUTO」の最終話に登場したキャラクターであり、うずまきナルト日向ヒナタとの間にできた息子である。にはヒマワリがいる。

CV:菊池こころTHELAST)、三瓶由布子BORUTO))

概要

性格はストレートで容姿はナルトの祖先(?)に似ており、イタズラ好きな少年である。七代火影となったを侮辱したり、イタズラばかりしてナルトを困らせている。しかしその行動の理由は父親であるナルトと接したいがためである。NARUTO第一話のかつてのナルトのようであり、ナルト自身もその気持ちは充分把握しているようである。

口癖は「~だってばさ」。うずまきナルト、及びナルトシナの口癖が遺伝(?)している。首には綱手からナルトに授けた首飾りのようなものがあるが、捩れたものとなっている。クラスメイトうちはサラダとは幼馴染であり、サラダはイタズラばかりしているボルトに多少呆れているようであるが、彼女ボルトを気にかけており、性格的に共通点があると評されている。

名前の由来は第四次界大戦で戦死した日向ネジから来ていると推測される。これはナルトネジを大切な仲間だと思っていること、ヒナタにとってネジは大切な従兄であること、ネジボルトは似た意味があること等が考えられる。

さらにボルトはうずまき一族、日向一族はもちろん、大筒木一族の血も引いており、将来が有望なキャラクターである。『意外性No.1』も親父譲りであろう。また、『THE LAST』の設定画では眼が開眼されている摸写もみられ、その潜在は計り知れない。

ボルトの眼

漫画では五影やサスケと共にナルトの救出のために大筒木モモシキを倒した後、倒したはずのモモシキから時間が止まったような間で「そのい瞳は いずれ貴様から全てを奪い去る」と告げられる。
この事について輪廻眼を持つサスケ以外は全く知覚できていない。

アニメではチャクラのような影が人間に取り付き、その人物の悩みなどを増幅して暴走させるという事件が立て続け発生しているのだが、何故かボルトの右のみこの影を視認できる。
自分にだけこのようなものが見える事に意味があると考えたボルトは、素直に大人に話して「後は大人がやる」とされてしまわないために自分の眼の事を黙ったままの影の調を続けるが、一方で「眼を開眼したかも知れない」とナルトなどに言いふらし、日向にて実戦で眼の有を確認される事となる。
結果として日向ハナビとの組み手では眼の兆は見られなかったが、ボルト真剣な態度からナルトら周りの大人は「ボルトには何かあるのだろう」と言う事は信じた模様。
ちなみに影を見ている時のボルトの右眼というより穢土転生みたいな反転したような眼になる。眼特有の血管も浮き出ていない。

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連項目

掲示板

  • 321ななしのよっしん

    2019/02/19(火) 08:40:44 ID: E4S00QxtfH

    見えない螺旋丸螺旋丸だったか

  • 322ななしのよっしん

    2019/06/06(木) 02:07:26 ID: M6EwXxNQ+d

    ヒマワリがクシナ似だけどボルトってミナト似じゃないの?
    ハシラマ同様にイメーじ全然違うじゃない
    シナの話でおとなしい女みたいな男ってあったけど
    子供のころの実際のミナトもあんな性格だったんじゃないの?

  • 323ななしのよっしん

    2019/06/19(水) 01:16:07 ID: b5NSeIyGDo

    シカダイ達と釣りに行った時、デンキに大物を釣らせてを持たせてあげようとしたのは結構意外だった。まあデンキが釣り上げたのはサラダだったけど(笑)

急上昇ワード

最終更新:2019/08/20(火) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/20(火) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP