輪廻単語

リンネ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(31)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

※ ここは仏教の輪廻についての記事です。曖昧さ回避はこちら →「リンネ

いっぺん輪廻、巡って来い
                                 ― 七条

 

概要

輪廻とは、生きとし生けるものは、死後も生まれ変わりループしていくという思想。
仏教が生まれた古代インドにおいては、一般的に広まっている考え方であった。 

ただし一般に仏教においては、輪廻するのは迷いがある限りであって、悟り地に達するなどすれば輪廻から解脱して(如来)となると考える。

六道(リクドウ/ロクドウ)の概念

輪廻における六道とは、生まれ変わる際の心の状態および形態style of living)の違い。前世の行いなどによって、どのように生まれ変わるかが決まる。

天道

六道の中でもっとも迷いが少ない状態であり、法(典)とその帰依者を護るなどとされる。「部」とも。
上(の上)に住む存在と考えられるのが普通であるが、地上に降りてくることもけっこうある。
に生まれたものは人・女と呼ばれるほか、叉・金剛力士天龍)・霊鳳凰麒麟などさまざまな姿としてとらえられる。

に生まれた存在は本来的にはではないが、人である毘沙門天女である弁財天や吉祥などの像は多くつくられており、一般的な信仰の中ではに準ずるような位置づけになったり、の一種と考えられていたりすることもある。
日本民間信仰においては、女神)様・仁王といった形で親しまれることも多い。

人間道

地上の人間人間に生まれた存在である。
煩悩は多いものの、思考が高い存在であり、悟りを開くと成仏(浄土へ往生)し、へ向かうことができる。

(阿)修羅道

苦しみの大きい闘争的存在である。的存在の一つ修羅民間信仰においては火の護り)として尊ぶ場合もある(というか六道に追加されたのは後付けで、たぶんそっちが元々)。
修羅は顔や腕が多数ある姿をしており、日本では興福寺阿修羅像がもっとも有名だろう。

畜生道

動物のことである。救いが少ないと考えられている。

餓鬼道

一般に、が膨れたの姿で描かれる。

地獄道

罪を償わせられている存在。
日中においては一般に、地獄冥界道教概念で、閻魔大王が君臨する)が習合・同一視されている。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 29ななしのよっしん

    2019/05/03(金) 23:04:23 ID: sGYwPiQJ5m

    日本人の4割が輪廻を信じているらしいが本当だろうか

  • 30削除しました

    削除しました ID: Q/b9iM8BpJ

    削除しました

  • 31ななしのよっしん

    2019/12/11(水) 03:29:14 ID: YhIpIBRp60

    祖母に聞いたら生まれ変わったり極楽浄土に行ったりまだ近くで見てたりと矛盾したことを言ってたな
    同時にそうはならんだろうと言ったが、ひょっとしたら魂が分裂して別々の場所に同時に行くんだろうか?

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/26(木) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/26(木) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP