さっきまで生命だったものがあたり一面に転がる単語

サッキマデイノチダッタモノガアタリイチメンニコロガル

  • 8
  • 0
掲示板をみる(31)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(8)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

さっきまで生命だったものがあたり一面に転がるとは、さっきまで生命だったものがあたり一面に転がる様子を描写した言葉である。

「生命」の部分は「いのち」と読む。

概要

特撮作品『仮面ライダーアマゾンズ』の2シーズン主題歌小林太郎が歌う「DIE SET DOWN」の歌詞の一フレーズである。この曲の作詞は「マイクスギヤマ」氏。

曲のタイトルDIE SET DOWN」が旧作仮面ライダーアマゾン』における必殺技「大切断」にかけていることもあって、り裂かれた「もの」が散らばっている様子をイメージしてしまうかもしれない。

ちなみにこの歌の2番では、この部分の歌詞は「この無常世界は護りれなかったものばかりさ」となっている。「斬」の部分は誤字ではない。

的な歌詞ということもあってか、ニコニコ動画などでさっきまで生命だったものがあたり一面に転がりそうな場面が動画で流れた際にコメントとして書き込まれていることもある。

正式な歌詞では「生命」「あたり」という表記のようだが、「命」「辺り」と少し異なる表記で記されることも多い。

関連動画

関連静画

関連商品

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/15(木) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/15(木) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP