今注目のニュース
「こんな優しい犬は見たことがない!」怯える保護猫の赤ちゃんを見た犬の、愛に溢れる行動が世界中で話題に!
問題化するタクシー配車アプリ「無断キャンセル」マナー無視の利用者で一般乗客も迷惑
田中みな実写真集“目標20万部”に爆問太田「ばーか!」

流星人間ゾーン単語

リュウセイニンゲンゾオン

  • 4
  • 0
掲示板をみる(25)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

流星人間ゾーンとは、1973年日本テレビ系列にて放映された東宝製作特撮番組である。

地球の友よ、概要は後だ!

当時の怪獣ブームに乗じて東宝が初めて製作したテレビ向け特撮ドラマ東宝の他作品の怪獣(ゴジラキングギドラ等)が登場することを売りとしていた。単なる巨大ヒーローものとしてだけでなく、等身大ヒーローものとしての一面も持ち合わせており、人間パートでのストーリー性や、アクション面でも時折挿入されるきりもみジャンプなどで見せ場を作っている。

しかしながら内容はいささか子供向けに振られたものであり、輪投げやジャンケンで勝負をつけようとする対決は、今もファンの間でとなっている(一応フォローすると、体内の爆弾で通常攻撃では地球が滅亡しかねない、というもらしい理由はあるが・・・)。これは宝島社の『怪獣VOW』でも散々ネタにされた(続編本の『帰ってきた怪獣VOW』の表はそのシーンパロディである)。

だが、その実役のゾーンファイターはメッチャクチャ強く、キングギドラをたった一人で撃滅してしまうほど。特にフルウエポン攻撃は寧ろ恐がカワイソウになるくらいの鬼畜っぷりで、これを喰らって立ち上がったやつはいない。アイアンキングも見習ってほしい。しかし、アタマはあんまりよくないのか、キングギドラ宇宙に誘い出してアッサリ逃亡された挙げ句、被害を余計拡大させたなんて大失態も。

ニコニコ動画においては、上記のジャンケン対決を行った恐ガンダーギラスとのカオスな対決がMAD素材として有名である。なお東宝が権利を保有しているので、削除基準は厳しい。

関連動画を見に帰れ!

関連商品を買いに帰れ!

関連コミュニティに帰れ!

関連項目に帰れ!

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/20(日) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/20(日) 18:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP