ウルトラファイト単語

ウルトラファイト

  • 5
  • 0
掲示板をみる(68)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ウルトラファイトとは、以下の番組をす。

  1. 1970年円谷プロダクション製作、放送した特撮番組。
  2. 2012年以降、同じく円谷プロ製作したウルトラシリーズ関連作品。

本記事では、両方の項について記述。

ウルトラファイト(1970~71年放送)

ウルトラセブン怪獣たちがボコボコ殴りあっている姿をナレーターが延々と実況する(実況アドリブ)。5分間の低予算番組で、本編の勇猛さはどこへやら、野外プロレス同然の泥臭いファイトを延々とウルトラ戦士怪獣が繰り広げる。 明らかに誇されたタイトルやらひょうひょうとしたBGMやら突っ込みどころのある実況やら、どことなく笑いどころが多いのが特徴。

元々は、第1次ウルトラブーム終焉を向かえ迷走を始めた円谷プロが、以降の経営難期のお得意となる『再編集番組』として製作した。が、それまでの作品の格闘シーンは思いのほか尺が短く、5分間の再編集番組にさえ使えないレベルであった。それでも断固として「限りなく予算ゼロす」という姿勢を変えたくなかった円谷プロは、結局、使い終わった着ぐるみで、生田やら多摩やらの荒れた造成地で巨大感も特撮効果も何も考えずに殴り合いをさせるというぶっ飛んだ制作方法に打って出た。 

だが、事前の予想に反して本作は、当時の子供達のハートを再び鷲づかみにし、下火になっていた特撮番組を復活させるきっかけになった。まあでも、察しのいい当時の小学生も低予算なのはなんとなく分かっていた…はず。

結局、ウルトラシリーズのような怪獣ヒーローバトルものがウケるのだという手応えを得た円谷プロは、同時製作していた「帰ってきたウルトラマン」を満を持して放送し、第2次ブームを作って行くことになった。
ちなみに、「俗・さよなら絶望先生」第9話の「絶望ファイト」はこれのパロディ

ニコニコ動画ではニコニコチャンネルニコニコ特撮」で配信中。戦闘グダグダ感やチープさ、今では放送できないような過さが受けて人気一挙放送ではレッドマンが飛び入り参加。YouTubeでは公式チャンネルにて配信された時期もあり、時折再配信されることもある。チャンネル登録してチェックしておこう。

ウルトラファイトシリーズ

ウルトラゼロファイト」から始まる、TVシリーズ劇場版作品といった作品の間に起こったエピソードを掘り下げる的として製作されている新規映像作品。全編グリーンバックによるスタジオと、大半の出演者が着ぐるみによる操演で構成されている。上述のウルトラファイトのような低予算作品ながら、「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」以降培った映像制作技術の向上により、旧作とはべ物にならないほどの完成度を持つようになった。

ウルトラファイトオーブ」までは約3分のミニ番組を12話に分割して放送する体制を採っていたが、「ウルトラギャラクシーファイト」からは5分以上の尺を10週前後に分けて配信。そのため、まとめて視聴するとどの作品も30分以上の長尺となり、TVシリーズやOV作品、更には劇場版作品並のボリュームになる。

以下、製作されたシリーズ作品を記述。

ウルトラゼロファイト

ウルトラマン列伝」にて放送されたシリーズ第1作。「ウルトラマンサーガ」の後日談であり、3分番組が全2部24話にかけて放送された。

詳しくは該当記事を参照。→ウルトラゼロファイト

ウルトラファイトビクトリー

新ウルトラマン列伝」にて放送されたシリーズ第2作。「劇場版ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!」の後日談であり、「ウルトラマンX」にもつながるエピソード。3分番組が全12話で放送された。

ウルトラマンビクトリーメインに携え、TVシリーズでは登場しなかった強化アイテムの登場やウルトラマンエースレオとの共演など、過去作を視聴していなくても楽しめる作品に仕上がっている。監督坂本浩一、脚本の足木一郎で製作されるシリーズ作品は本作が初。

ウルトラファイトオーブ~親子の力、おかりします!~

ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE」にて放送されたシリーズ第3作。「劇場版ウルトラマンオーブ 、おかりします!」と「ウルトラマンジード」の間の出来事を描くエピソード。3分番組で全12話が放送。

詳しくは該当記事を参照。→ウルトラファイトオーブ

ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーション・ヒーローズ

劇場版ウルトラマンR/B セレクトクリスタル」と「ウルトラマンタイガ」の間に起こったエピソードであり、ギンガからロッソ、ブルまでタイガ以前の新世代ヒーローズが一堂に会するシリーズ第4作。本作からYouTube円谷公式チャンネルで配信され、約5分前後で全10話が配信された。音英語中国語吹き替えたものが配信されている。現在は全配信分を1作にめたものが配信されており、59分もの映像作品になっている。DC版のブルーレイは更に70分の特典映像付き。

ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀

YouTube円谷公式チャンネル登録者数100万人突破を記念し、「ウルトラマンZ」に繋がる物語として製作2020年に配信されるシリーズ第5作。前作がニュージェネオールスターなら、本作品はM78ワールドオールスターとも言える登場ウルトラヒーローの多さでSNS上を席巻してみせた。全10話が配信予定であり、一つにまとめると上映時間は約90分。劇場作品並みのサイズとなる。

先述のニュージェネレーションヒーローズを含めたウルギャラの詳細は該当記事を参照。
ウルトラギャラクシーファイト

動画

パロディ

 

関連商品

 

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/29(金) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/29(金) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP