今注目のニュース
「雑務減らして練習増やす」「社内メール使いません」――東大アメフト部とメルカリの「Slack」活用術
"ノンシリコン"の火付け役が4年で潰れたワケ
舞台『はじめの一歩』アニメ版声優・高木渉も出演 キャスト一挙公開

ウルトラファイト単語

ウルトラファイト

掲示板をみる(66)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ウルトラファイトとは、円谷プロダクション制作特撮番組である。

概要

ウルトラセブン怪獣たちがボコボコ殴りあっている姿をナレーターが延々と実況する(実況アドリブ)。5分間の低予算番組で、本編の勇猛さはどこへやら、野外プロレス同然の泥臭いファイトを延々とウルトラ戦士怪獣が繰り広げる。 明らかに誇されたタイトルやらひょうひょうとしたBGMやら突っ込みどころのある実況やら、どことなく笑いどころが多いのが特徴。

元々は、第1次ウルトラブームが終焉を向かえ迷走を始めた円谷プロが、以降の経営難期のお得意となる『再編集番組』として製作した。が、それまでの作品の格闘シーンは思いのほか尺が短く、5分間の再編集番組にさえ使えないレベルであった。それでも断固として「限りなく予算ゼロす」という姿勢を変えたくなかった円谷プロは、結局、使い終わった着ぐるみで、生田やら多摩やらの荒れた造成地で巨大感も特撮効果も何も考えずに殴り合いをさせるというぶっ飛んだ制作方法に打って出た。 

だが、事前の予想に反して本作は、当時の子供達のハートを再び鷲づかみにし、下火になっていた特撮番組を復活させるきっかけになった。まあでも、察しのいい当時の小学生も低予算なのはなんとなく分かっていた…はず。

結局、ウルトラシリーズのような怪獣ヒーローバトルものがウケるのだという手応えを得た円谷プロは、同時製作していた「帰ってきたウルトラマン」を満を持して放送し、第2次ブームを作って行くことになった。
ちなみに、「俗・さよなら絶望先生」第9話の「絶望ファイト」はこれのパロディ

ニコニコ動画ではニコニコチャンネルニコニコ特撮」で配信中。戦闘グダグダ感やチープさ、今では放送できないような過さが受けて人気一挙放送ではレッドマンが飛び入り参加。YouTubeでは円谷公式チャンネルにて配信された時期もあり、時折再配信されることもある。チャンネル登録してチェックしておこう。

なお息子らが出演する似たタイトルの3分番組「ウルトラゼロファイト」、「ウルトラファイトビクトリー」、「ウルトラファイトオーブ」とは関係性はい。多分。ゼロファイトは「ウルトラマン列伝」にて3分番組として全2部24話が放送された。時系列では「ウルトラマンサーガ」後の物語。ビクトリーは「新ウルトラマン列伝」にて放送。こちらは劇場版ウルトラマンギンガSの後日談で、3分番組として全12話が放送された。なお、このエピソード後の話が「ウルトラマンX」13、14話へと繋がっていく。オーブについては「ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE」にて放送。劇場版オーブの後日談であり、ビクトリーとの関連性も多い。

動画

パロディ

 

関連商品

 

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/19(木) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/19(木) 06:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP