今注目のニュース
ロシア放射線データ、1カ所で送信再開 爆発事故後に途絶
増税前の駆け込み消費!今何を買えば得なのか…お金の専門家に聞いた
ユーチューバーになったsyamuが突如の引退

ふきとばし単語

フキトバシ

掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ふきとばしとは、ポケットモンスターに登場する技の一種である。

基礎データ
名前 ふきとばし タイプ ノーマル
英語 Whirlwind 効果範囲 1体選択
分類 へんか コンテスト かしこ
命中 85(第一世代)
100(第二~第五世代)
必中(第六世代~)
アピール
ポイント
3ポイント(第三世代)
0ポイント(第四世代)
ポイント 0ポイント
PP 2032 世代 第一世代
直接攻撃 × わざマシン わざマシン04(第一世代)
ふきとばしを覚える
ポケモン
ポッポエアームド

バタフリーダーテング

あいてを ふきとばして ひかえの
ポケモンを ひきずりだす。やせいの
ばあいは せんとうが おわる。

技説明

ポケットモンスター金・銀クリスタルバージョン
ポケットモンスタールビー・サファイア・エメラルド
よいかぜで てきを ふきとばす ふきとばすと せんとうは おわる
ポケットモンスターファイアレッド・リーフグリーン
あいてを ふきとばし ひかえの ポケモンを むりやり ひきだす。やせいの ばあいは せんとうが おわる。
ポケットモンスターダイヤモンド・パールプラチナ
ポケットモンスターブラック・ホワイト
ポケットモンスターX・Y
あいてを ふきとばして ひかえの ポケモンを ひきずりだす。やせいの ばあいは せんとうが おわる。

コンテスト技説明

ポケットモンスタールビー・サファイア・エメラルド
このつぎの アピールじゅんばんを めちゃくちゃに する
ポケットモンスターダイヤモンド・パールプラチナ
すべての ポケモンが おなじ しんさいんを えらぶと +15される。
ポケットモンスターオメガルビー・アルファサファイア
このつぎの アピールを おわりの ほうに だすことが できる

概要

第一世代から存在する技。

野生ポケモンとの戦闘時に使用すると戦闘が終了する。とはいえ自分から使うことはあまりなく、(すなかけと並んで)野生のポッポに使われてうっとうしいという印の方が強いかもしれない。習得者にはポケモンが多く、羽を使って起こしたで相手を吹き飛ばすイメージが強いがひこうタイプではなくノーマルタイプの技である(なのに第二世代限定でそらをとぶ中にいる相手にも命中する仕様があったりする)。

初代ではトレーナー戦で使っても何の効果もなかったが、第二世代以降は相手のポケモンを強制的に交代させる効果がつくようになった。交代を強制することで相手の身代わりや積み技を効化したり、ステルスロックダメージを重ねたりして戦いたい。控えから出てくるポケモンを選ばせないのも地味にうれしいところ。相手の控えにポケモンが残っていないときや、「きゅうばん」「ねをはる」持ちのポケモンには失敗するので注意。変化技なのでちょうはつにも弱い。

似た効果の技に「ほえる」があるが、特性「ぼうおん」にも通るという点でふきとばしの方が優れている。カバルドンのように両方覚えられるポケモンは多少面倒でも(ほえるはわざマシン、ふきとばしはタマゴ技)ふきとばしを優先させるようにしたい。

優先度は-6。技の仕様上仕方のないことなのだがほぼ確実に後行で動くことになる。この優先度が役に立つのは優先度-7のトリックルームの展開を阻するときくらい。なお、ねごとオウムがえしを利用すれば優先度0で出すことは可(「ねこのて」「まねっこ」はいたずらごころと併用した極悪コンボがあったため第六世代以降ふきとばしが対外になった)。

余談だが、初代では上述のようにトレーナー戦では意味がないにも関わらずライバルピジョットがこの技を覚えたままチャンピオンになっていた。ついでに言うと同時に出てくるウインディもほえるを覚えていたりする。
いくら相手がチャンピオンとはいえ使われても何も起こらず主人公ポケモンは「へいきな かおを している!」

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/21(水) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/21(水) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP