エミル・キャスタニエ単語

エミルキャスタニエ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(67)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

エミル・キャスタニエとは、『テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-』の主人公である。
CV下野紘

概要

勇気は、える魔法…」

ロイド・アーヴィングが起こしたとされる「血の粛清」で両親を殺された少年
その後、叔父CV千葉繁)に引き取られたが、本人の内向的な性格と、ロイドを憎んでいたことから邪魔者扱いされ散々な毎日を送っていた(叔父が住んでいた町・ルインロイド一行が前作(『テイルズ オブ シンフォニア』)で復に貢献している)。

冒頭でリヒター・アーベントに出会い、「勇気える魔法」という言葉を教えてもらい、その言葉をきっかけに徐々に成長していくこととなる。

マルタ・ルアルディに言われた「男ならハッキリする!」という言葉も心に留めている。

洞窟にてセンチュリオン・テネブラエと契約し「ラタトスクの騎士」となり戦うを得る。
この際に体内に「ラタトスク」の人格が入り込み、別人のような振る舞いを見せる。

↓以下ネタバレ↓(反転すると読むことができます。)
というのはテネブラエがついたであり、「血の粛清」にて覚めた精霊ラタトスクが本来のを取り戻すまでの隠れ蓑として創り上げたいわば「仮の人格」である。
本物のエミル・キャスタニエは「血の粛清」で既に死亡している。

ラタトスクモード

天罰ってのを与えてみろよ、この俺様によぉ!ヒャハハハハハハッ!

ラタトスクの騎士」として契約したエミルの体内に潜むもう一人の人格。
通称「ラタトスクモード」、「ラタ様」。
表の人格であるエミルとはある程度意思で会話ができる。

性格は元のエミルと違って残で好戦的でツンデレ
少々独占的な一面もある。

元の状態の彼と見分け方は瞳の色。
エミル黄緑だが、彼は赤色である。

↓以下ネタバレ↓(反転すると読むことができます。)
その正体は精霊ラタトスクそのもの。
宿木である大カーラーンを枯らせた人間ハーフエルフに強い憎しみを持っており、彼を調べようとギンヌンガ・ガップに入ってきたリヒターと彼の友人であるアステルの協に応じず「アイン・ソフ・アウル」でアステルを殺
その後逆上したリヒター撃によって致命傷を負い、コア化。
その後、「血の粛清」でマルタの呼びかけに応じて覚めることとなる。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/04(木) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/04(木) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP