今注目のニュース
最も「カンカン」と呼ばれやすい缶は? 「カン」と「カンカン」を区分けするグラフに「わかる」「笑った」
コロナ禍で退職決意した30代女性 「人との距離は2メートル」と貼り紙→そもそもテーブルが1.2メートル四方
「ダイヤモンド・プリンセス」運行会社の元従業員ら、解雇無効訴え提訴 「誹謗中傷にも耐えてきたのに」

ショートカットキー単語

ショートカットキー

  • 6
  • 0
掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ショートカットキーとは、そのキーを押すことによって特定の動作を行なったり機を作動させたりすることができるキーである。キーボードショートカットとも呼ばれる。
格闘ゲームアクションコマンドなども同類であるが、ネット上ではもっぱらパソコン関係の用としての意味合いで使われる。

概要

ショートカットキーとはいうものの詰まる所キーボードを使ったパソコンの操作である。
結果的にマウスを使って操作するよりもいことが多いためショートカットキーと呼ばれるようになった。
あなたの身近な人でパソコンすごいスピードでカタカタ言わしてる人がいたらまず間違いなくショートカットキーを多用していると言えるだろう。くぁwせdrtgふじこlpは別

近年では新しいパソコンが登場する度にショートカットキーもどんどん充実・便利になってきているのでショートカットキーを知っているか否かで作業効率は大きく変わってくるだろう。
また、マウスを使わないことの多いノートパソコンを使用する際にもショートカットキーを覚えていれば作業がしやすくなる。
最初の頃こそ一回一回ショートカットキーを思い出しながら作業するのは手間がかかるが、2,3日そうやって作業していれば体になじんでゆき自然とショートカットキーを駆使できるようになるだろう。

マウスVSショートカットキー

マウスで作業するのとショートカットキーで作業するのといったいどっちがいのか?
マウス操作の得手不得手、どれくらいのショートカットキーを覚えているかにもよるが当然答えは両方ノーである。
ダイアログボックスの操作やインターネットでのリンクへの移動は正直言ってマウスの方が速い。
しかしコピペや様々なウィンドウの操作の多くではショートカットキーの方が勝る。
両者の長所が全く違うのである。

マウスにしかできない機としてタスクバーウィンドウの順序を入れ替えたりタブをウィンドウとして独立させたり、そのウィンドウの大きさを微調整したり、右クリックメニューを開き画面上に止まっているハエをピンポイントで驚かせて追い払うことができる、当然ポインターで追いかけまわしてもいい。

ショートカットキーにも独自の機があり代表的なものは文字を入する時の変換機であろう。ショートカットキーなど知らないという方でも文字変換に関してはこれに頼らざるを得ない、また画面の複製機web上で文字検索(ググるとはまた別の検索)はキーボードでしかできない。

これらのことから一概にどっちが速いとはいえないのである。
マウスとショートカットキーのそれぞれの特性を十分把握して、どちらかに依存するのではなく両方を駆使して数ある作業遂行ルートのうち最速のルートチョイスできるように工夫していくのがベストであろう。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード

最終更新:2020/08/07(金) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2020/08/07(金) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP