ジェラルド・R・フォード単語

ジェラルドアールフォード

  • 1
  • 0
掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
人物
ジェラルド・R・フォード
基本情報
生年 19137月14日
生誕地 ブラスカ州オマハ
没年 2006年12月16日
死没地 カリフォルニア州ランチョ・ミラー
出身地 ミシガン州
アメリカ合衆国
本名 Gerald Rudolph "Jerry" Ford, Jr
別名 --
職業・肩書 政治家
備考・その他
人物テンプレートボックス

ジェラルド・R・フォードとは、

  1. ジェラルド・ルドルフ・"ジェリー"・フォードジュニア(Gerald Rudolph "Jerry" Ford, Jr、)…アメリカ合衆国政治家
  2. 1.の名を冠したアメリカ海軍原子力空母「ジェラルド・R・フォード」CVN-78

1.の概要

40代副大統領を務め、昇格によって第38代アメリカ合衆国大統領に就任した人物である。前任の第37大統領リチャード・ニクソン政権で副大統領を務めた後に、リチャード・ニクソンの大統領辞任に伴う昇格により第38代アメリカ合衆国大統領に就任した。昇格による1期の任期満了に伴う1976年アメリカ合衆国大統領選挙では立補したものの落選した為、大統領選挙を経ることがかった一のアメリカ合衆国大統領である。

昇格後の大統領職では前任のリチャード・ニクソンに対する大統領特別恩赦を与えたが、民からの評価は低かった。またウォーターゲート事件での共和党への逆から議会の多数民主党に奪われ行政府と立法府でのねじれが生じ、大統領拒否権を多数発動するなど政権運営に支障をきたす事態となった。

対日関係としては現職大統領として初めて日本公式訪問した。

大統領退任後には自由勲章が与えられ、空港の名称にも名前が付けられている。(ジェラルド・R・フォード空港)

2.の概要

「ジェラルド・R・フォード」級、または単に「フォード」級と呼ばれる新原子力空母の1番艦。ニミッツ級原子力空母の後継艦として建造された。船体規模や搭載機数、速度などはニミッツ級と大差はいが、ニミッツ級よりも少ない乗員数での効率的な航空機運用をしている。カタパルトは従来の蒸気カタパルトに代わって電磁式のカタパルトを採用、武器弾薬エレベーターも電磁駆動にするなど、新技術が多く導入されている。

フォード級は4隻建造される予定で、4番艦「ドリスミラー」は2023年に建造が開始される。[1]

関連商品

関連項目

アメリカ合衆国大統領

37 第38代 39
リチャード・ニクソン(共和党
1969~1974
ジェラルド・R・フォード(共和党
1974~1977
ジミー・カーター民主党
1977~1981

アメリカ合衆国大統領

39 40 41
ピロ・アグニュー
リチャード・ニクソ大統領顧問団)
1969~1973
ジェラルド・R・フォード
リチャード・ニクソ大統領顧問団)
1973~1974
ネルソンロックフェラ
(ジェラルド・R・フォード大統領顧問団)
1974~1977

脚注

  1. *米海軍の次期建造空母に初の黒人兵の名前を命名へ 真珠湾攻撃の「英雄」ドリス・ミラー氏exit 2020.1.20
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/18(月) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/18(月) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP