タフグミ 単語

3件

タフグミ

1.7千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

タフグミ(TOUGH GUMMY)とは、カバヤ食品株式会社が販売しているグミである。

(※タフシリーズとの関係性については記事後半を参照)

概要

粒の大きさと高い弾性、地に「TOUGH GUMMY」との英字の大きなロゴと書かれた高級感あふれるパッケージが特徴。グミの中でも特に硬い、所謂「ハードグミ」の一つと知られている。現在スーパードラッグストアのみならず、コンビニエンスストアネット通販でも売られているほど手軽に買うことができる。

その硬さ故、「喉詰まりしないようご注意してください」という趣旨の注意書きがある。特に幼児では窒息してしまう恐れがある。小さなお子様には「絶対に」与えないようにしましょう。幸い、公式ファンによる注意喚起もあってか、2023年現在は「タフグミのせいで喉詰まりして亡くなった」という報道はない。

2023年5月には、同商品初となるCM開される。このCMと下記のネットミームの効果もあってか後述するような大人気商品である。

フレーバー

基本的となる味(フレーバー)は3種類ある。

他にも期間限定のフレーバーとして

を始めに大量の種類がある。このうち、グレープ味は恒常的に販売される人気商品となった。

公式ツイッター

ツイッターでは広告として公式アカウントを持っている。
広報としてを入れており「#タフ」「#山登りタフ」などのパワーワード感溢れるハッシュタグでタフグミの思い出を募集したり、募集で集まったツイート引用RTしたりしている。

人気と売上

その人気と売上は大変高く

などしており。2020年代を代表する人気駄菓子となっている。

タフシリーズとの関係

これだけ見ると、ただの大人気の駄菓子なのだが、ネット上ではネタとして扱われている。というのも同じくネット上で愚弄ネタにされている猿渡哲也先生大人気格闘漫画タフシリーズ名前完璧に被ってしまったのが運の尽き。

各種ネット掲示板SNSではタフグミの話になるとマネモブと呼ばれるタフシリーズファンが群がり、反応がタフ語録で埋め尽くされるというカオスな事になってしまった。う、やろ…こんなことが許されていいのか!
想像しづらい方は「ボボボーボ・ボーボボグミや「愛城恋太郎グミなどといった名前グミが売られていると思えば分かりやすいかもしれない。

公式もこれに便乗しているらしく父の日をわざわざオトンの日と称したりする。(※オトンとはタフシリーズの登場人物で主人公父親である宮沢静虎のこと。)

そのうち、正式に公式タフシリーズコラボし、パッケージ猿渡哲也先生直々のイラストが描かれる日も近いかもしれない。

なお、タフ語録は危険な発言が多く、場合によっては相手を不快な思いをさせかねないので注意すること。

余談

タフは一般的な単なので、この記事で紹介している名前被りが発生したが、基本的に漫画タイトルというのは商標権の関係で他の商品との名前被りを避ける。具体例として「地獄先生ぬ~べ~」は当初「ぬ~ぼ~」というタイトルの予定だったが、同時期に同名の菓子が販売されていたため、変更したという逸話がある。

関連動画

関連リンク

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/29(水) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/29(水) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP