今注目のニュース
【ナニコレ?】「猫の後ろ足にある肉球」に付けられた、意外と知らない名前
転倒した男性の腹部に自転車のハンドルが刺さり死亡(台湾)
セカオワSaori、夫婦別姓に言及「30年以上慣れ親しんだ名字だったから変えたくなかった」

ピカチュウげんきでちゅう単語

ピカチュウゲンキデチュウ

掲示板をみる(118)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  1. 1998年12月12日に発売されたゲームソフト。当記事ではこれについて記述する。
  2. 1997年7月に発売されたポケモンえほん。この絵本内ではヒトカゲ焦げになる遊びが流行している。→市場exit_nicoichiba

ピカチュウげんきでちゅうとは、任天堂より発売されたニンテンドウ64専用ソフト

概要

ポケットモンスターシリーズでもっとも人気であるポケモンピカチュウ友達になるゲーム

特徴としてはマイクを使った音声認識システムNINTENDO64 VRS)をゲームに採用していることが挙げられる。世界初の音声認識ソフトとして大々的に宣伝され、同様に音声認識システムを採用したシーマンとともに話題となった。よって、マイクがないとゲームができない。中古で購入して品状態でなかったことに泣きを見た人も多いのではないのだろうか。

主人公オーキド博士から譲り受けたポケットヘルパーなる具を扱って、トキワのはずれに棲むやせいのピカチュウコミュニケーションを図る。ピカチュウと外で遊んだり、他のポケモンのお手伝いをしたり、釣りをしたりなどピカチュウと様々なことをして触れあえる。懐いてくると話しかける言葉によってピカチュウが色々と豊かな表情を見せてくれるようになる。かわいい

開発の背景

本作はアンブレラクリーチャーズの共同開発で、アンブレラ処女作でもある。

アンブレラ東京大学理論科学グループ学生やOBを中心とした会社であり、カラオケの採点に使われる音声認識技術のノウハウを持っていた。これをゲームに活かしたいと考え、ゲーム開発の後方支援を担当するマリーガルマネジメント契約マリーガルのエグゼクティプロデューサーを務めていたクリーチャーズ代表取締役石原恒和(現:株式会社ポケモン代表取締役)と組んで制作されたのが本作である。

ゲームキューブ専用ソフトポケモンチャンネル」では音声認識システム以外の大体の要素が受け継がれている。こちらも石原恒和をエグゼクティプロデューサーとして、アンブレラゲーム制作を担当している。

関連動画

プレイ動画

実況プレイ動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/16(火) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/16(火) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP