今注目のニュース
橋本環奈、浴衣着衣のままプールに「ドキドキする」ファン興奮
ヤブ医者=田舎の医者?腕の悪い医者をなぜ「ヤブ医者」と呼ぶのか。本来は真逆の意味だった?
【台風15号】停電の千葉県の信号機用の発電機を盗んでいた男が逮捕される!自宅から10台の発電機が発見される!

フォボス(衛星)単語

フォボス

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
PhobosMars I)
発見日 1877年8月18日
発見者 アサフ・ホールアメリカ
火星中心から
距離
9,378km(均)
直径 22.2 km(均)
(27km×21.5km×19km)
質量 1.26 ×1016kg
自転周期 7時間39分27
(0.31891日)
転周期 7時間39分27
(0.31891日)
離心率 0.0151
傾斜 1.02度
傾斜 0度
大気量 0kPa
表面温度 233K

フォボスとは、火星の第1衛星である。

概要

1877年の火星大接近時にアメリカ天文学者「アサフ・ホール」によって発見された衛星である。

第2衛星であるダイモスよりも大きく、内側転している。

フォボスの組成がC小惑星に似ているため、火星の引に捕らえられた小惑星なのではないかと思われる。
しかしフォボスの軌火星に沿ったほぼ円形の軌であり、引に捕らえられた小惑星とは考えにくい軌をしている。
1989年3月27日フォボスに接近したソ連の探フォボス2号は、フォボスからかすかな気体が安定して噴出していることを発見した。
残念ながらフォボス2号は接近中に故障してしまい気体の詳細は不明であるが、この気体は蒸気の可性が高いと考えられている。

フォボス太陽系に存在する惑星衛星の中でも最も惑星に近い軌を回っており、その距離火星の表面から6,000km以内である。
この距離火星の静止軌より内側になるため、速度火星の自転速度(24時間37分)よりも速く、また自転速度速度同期している7時間39分27である。
そのため、火星では1日に2~3回西から上り4時間15分という速いスピードを横切って東へと沈み、6時間51分後に再び西から上るを見ることが出来る。
しかしフォボス距離火星表面に近いため、火星のどこからでも見えるというわけではない。

また、フォボス火星の潮によって火星に接近し続けている。
そのため数千万年後にロシュの限界に達して破壊され、火星表面に突するといわれている。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/09/22(日) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/22(日) 03:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP