ルーン文字単語

ルーンモジ

掲示板をみる(54)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(11)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ルーン文字 (ルー文字) とは、かつてゲルマンの表記に用いられていた音素文字

概要

アルファベット配列の最初の6文字を取ってフサルク (fuþark) とも呼ばれる。1世紀頃に成立し、エトルリア文字ラテン文字等を元にして作られたと言われる。に長い縦線と短い斜線を体とした字形が多く、初期の頃は木に彫られていたと推測されている。

ドイツのみならず北欧イギリスにも普及し、地域によって文字の増減や点等による発音の区別表記も行われている。後に7世紀頃からラテン文字が普及し始め、ルーン文字は徐々に使用されなくなった。北欧ではドイツイギリスよりも長い期間使用され、10~11世紀頃に作られた石碑が多く見つかっている。

ルーン文字は日常生活で使用されていた一方、呪術や占いでも使用され、またルーン文字が登場する小説ゲーム等も作られている。「指輪物語」等の作者として知られるJ・R・R・トールキン創作したキアス (Cirth) は、ルーン文字を参考にして作られた物である。

古英語で使われていた文字 Ƿ (ウィン) と Þ (ソーン) はそれぞれルーン文字の wunjōþurisaz を起としており、Þ は現在でもアイスランド語で使用されている。

ゲルマン共通ルーン文字の一覧

初期のルーン文字で24文字から成る。名称と音価はWikipediaexitの表記に基づいており、推測による物である。ゲルマン共通ルーン文字の他に、これより文字数の少ない北欧ルーン文字、文字数の多いアングロクソンルーン文字が存在する。

文字 名称 音価 文字 名称 音価 文字 名称 音価 文字 名称 音価
fehu fehu /f/ gebō gebō /ɡ/ īwaz īwaz /ɪ/ ehwaz ehwaz /e/
ūruz ūruz /u/ wunjō wunjō /w/ perþ- perþ- /p/ mannaz mannaz /m/
þurisaz þurisaz /θ/ hagalaz 1 hagalaz 2 hagalaz /h/ algiz algiz /z/ laguz laguz /l/
ansuz ansuz /a/ naudiz naudiz /n/ sōwilō 1 sōwilō 2 wilō /s/ ingwaz 1 ingwaz 2 ingwaz /ŋ/
raidō raidō /r/ īsaz īsaz /i/ tīwaz waz /t/ ōþila ōþila /o/
kaunan kaunan /k/ jēra- jēra- /j/ berkanan berkanan /b/ dagaz dagaz /d/

関連動画

参考文献

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/07/29(木) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2021/07/29(木) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP