不治の病単語

フジノヤマイ

1.0千文字の記事
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

不治の病とは、小説漫画などにおける表現の一つである。

概要

さまざまな疾患のうち、「治療および治療法が存在せず治ることがない病気」の表現である。ただし「治癒することが期待しがたい」ものでも「外傷の後遺症」(例えば「顔に消えない傷を負った」「四肢のどこかを失った」など)をこう表現することは少なく、専ら内因性疾患について使われることが多い。

漫画小説・自伝などの表現では、なんだかよくわからない近くの悪魔などの呪いと決めつけられたあげく、穏に過ごしていた悪魔がなぜか襲撃を受けそれを倒しても治らず、よくわからないをとりに生かされたり、なぜかそのを育て(農業)て幸せに暮らしていると戦わなければいけないなど、ストーリーネタの一つになることもある。

現実においては、過去に「不治の病」とされたものでも、医学学などの発展などにおいて治療法が確立されることもある。特に感染症にはそういった例が多く「結核」「ハンセン氏病」などが好例だろう。よって2022年現在では、現実の疾患について「不治の病」と表現されることは少なくなってきている。ただしもちろん「将来はともかく、現時点ではまだ治療法が確立されていない」疾患は多数存在するため、そういった疾患はこの言葉で表現されることもある。

「不治の病」という表現では「短期で悲劇的な展開を迎える」疾患というイメージを持つかもしれないが、実際には「根本的な治療法は確立していない。治は期待しがたい」疾患の中には「進行は遅い」「普通生活普通行動においてさほどの支障はない」「生命予後にはしない」ような疾患もある(例:Androgenetic Alopecia、略してAGA、日本語で言うと男性脱毛症)。もちろん逆に「急速に進行する」「生活の質を大きく落とす」「致命的な転帰に至る」ような疾患も数多くあるが。

そういった「患者にとっての不利益が大きく」「根本的な治療法も確立していない」疾患が「難病」と表現されることもある(日常会話でいう「難病」が全てそういった疾患とは限らない)。日本には、そういった根本的な治療が困難で患者の不利益も大きい「難病」を認定して支援する制度も存在している。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/06/27(月) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2022/06/27(月) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP