予後不良単語

ヨゴフリョウ

2.8千文字の記事
掲示板をみる(137)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

予後不良とは、治療後の回復が見込めないことである。
本項では競走馬サラブレッド)の予後不良について述べる。

人間の医療で患者の容態を「予後不良」と表現する場合は「後遺症が残る」など「理想的な治療の経過を経ない」ことも含めての意味となる。後述する競走馬のそれと異なり「生命の危機」の意味だけではないし、生命の危機を示す場合でも人間の場合安楽死は通常の場合許されていない。このため「人間の医療しか知らない」人と「競馬の用しか知らない」人の間でこの単を使うとコミュニケーション齬をきたすことがあり、注意を要する。

3973
ダービースタリオンについて語るスレ#12

概要

競走馬500前後の体重があり、その自重を常に4本脚で支えなければならない。
ガラスの脚と呼ばれるほど華奢な脚で全体重をギリギリで支えている。

3本脚で自重を支えることは不可能に近く、前脚・後脚とわずに重度の故障をしてしまえば他脚にも弊(蹄葉炎と呼ばれる、簡単にいえば血行不良等によりの蹄等が腐っていくような症状)が起こってしまう。痛みによって暴れたり、最終的には衰弱死して死んでしまう。

「体重を支えられないなら寝かせてやったり天井からるしたりプールに浮かべてやればいい」と思うかもしれない。だが、の脚とは厄介なもので、体重が適度にかかり続けないと蹄への血行が維持できないつくりになっている。したがってこの場合でもやはり蹄葉炎の発症を避けることが極めて困難なことに変わりがない。また、動物であるは長い腸管を持っており、適度な歩行運動を続けていないと容易に腸捻転や溜まったガスによる破裂を起こしてしまう。

さらに、そもそも論としては「治療方針」を理解できないので、「なぜ安静にしていなければならないのか」もわからない。するとにとってはそれは「理不尽に拘束されている」のと何も違いがないので、過大なストレスを溜め込み暴れて怪をさらに悪化させてしまう(上記の理由から麻酔で眠らせ続けるわけにもいかない)。

よって、重度の故障を発生した競走馬の治療は、高額の費用を注ぎ込んでも期待した結果を得る可性は(ビンゴガルー、ヤマニングロバルサクラローレルミルリーフヌレイエフなどの例外もあるものの)ほぼゼロに等しく、治療の間にに与える体的・精的苦痛も甚大なものになる。したがって、故障が発生した時点で速やかに安楽死をさせることが最善とされている。

「重度の故障」のな原因は「重度の折」か「重度の脱臼」の2つがほとんどである(下記のも全てどちらかに分類されている)。折は大体想像がつくが、脱臼について解説しておくと、自動車並みのスピードで走っているレース中に脱臼すると、人間のようにだけ脱臼、ということはまずあり得ず、靱帯等を損傷するか(関節脱臼)、皮膚を突き破るか(開放性脱臼)してしまう。これだけ大きな脱臼になると元に戻すことは現在医学では非常に困難なのである。

競走中の出来事に「予後不良」と書かれている場合と、「死亡」と書かれている場合があるが、この2つは明確に異なる。前者は、診断の段階では生きており、その後安楽死処分を行ったというもので、後者は診断の段階ですでに死んでいたということである(例えば2021年3月28日exitレースに関して言えば、マーチステークスベストタッチダウン急性心不全死亡しているのに対し、阪神第2レース(3歳未勝利)でゴースルーザルーフは開放折で予後不良の診断が下されている)。また、多くの場合、競走中に故障が発生したら競走中止になることが多いが、完走してしまうこともあり、「完走したのに予後不良」ということも起きる(ラブエターナル2021年3月13日第2レース(3歳未勝利)で最下位で入線後、予後不良と診断されている)。こういう場合、「競走中止」ではなく「競走中疾病」のところに記述される。当然、レース直前の故障で予後不良になれば「競走除外」のところに記述されるはずである。

レース中の故障が原因で予後不良と診断された有名な馬

ハマノパレード安楽死ではなく、発症から一痛に苦しませた末に屠殺場にて屠殺されてしまっている。さくら『本日絞め』400㌔㌘」になるというの末路が明るみになって反を呼び、その後日本における予後不良のに対する安楽死システム確立されるに至った。

ラフィアンテンポイントサクラスターオーバーバロマティリアル馬主等の意向により延命治療が施された。
ラフィアンは最初の手術の際に暴れて患部を蹴ってしまい治療を断念。
他の3頭は最初の手術は一応通過し、延命治療が開始された。
テンポイントは最初の手術の段階での失敗が発覚し、そのためあっという間に蹄葉炎を発症したため、故障から約1ヶ後にそのまま衰弱死した。
サクラスターオーは最初の段階では一応安定していたものの、半月後にはくも蹄葉炎発症の傾向が出始めたため、体重の減少やボルト埋め込み手術で蹄葉炎発症の回避を模索したものの、容体は良化せず、最終的には体重減による衰弱が原因で新たな故障を発症したため、故障から約4ヶ半後にあらためて安楽死となった。
バーバロは故障から2ヶ後に左後脚に蹄葉炎を発症したものの驚異の回復で復帰。その翌には歩く姿まで見せており、これは!・・・と思われたものの、その後左後脚と両前脚というトリプル蹄葉炎を発症。約8ヶという長き闘病も虚しく、あらためて安楽死となった。
マティリアルは手術は成功したものの、3日後にストレス性の出血性大腸炎を発症し安楽死されることとなったが、その実行前に出血性ショック死亡した。

ホクトベガ日本国外で予後不良となったため、検疫の関係でその遺体日本に持ち帰ることができなかった。

またレース中ではないが、アドマイヤキッス調教中に右第3中手折が判明し、手術は成功したが静養中に疝痛で暴れた際に患部に新たな開放折を発症し、予後不良・安楽死となった。

関連動画

予後不良になった最期のレースをまとめてみた。

ダビスタでの予後不良

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 135ななしのよっしん

    2022/03/13(日) 23:33:09 ID: Ox9gfttAiA

    >>134
    走らせる方法や、メジャー病気なんとかなりそうだけど…

  • 136ななしのよっしん

    2022/03/31(木) 13:49:26 ID: Ouej+4XJtO

    完走したのに予後不良といえば朝日杯のタガノテイオー

  • 137ななしのよっしん

    2022/04/26(火) 16:36:06 ID: kbaDrgq9cF

    オディールもそうだね、ゴール直前で故障発生して、決勝線のすぐ先で足をぶらんぶらんさせた姿が間近で見られてしまった(関テレ映像にも数映ってスイッチングされた)

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/27(金) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/27(金) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP