今注目のニュース
多くの人に「感謝」されているのに、なぜ医者の給与は下がるのか
おんぶしたい父vsマネしたい娘 同じポーズの親子写真に癒やされる
「逃げようとしたら捕まえて電気を通す」監禁被害者は、逮捕後も犯人に脅えていた

単語

ヘイ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

とは、十干の第3位である。

五行は火、陰陽は陽にあたる。太陽徴し、寛容・健康・食・芸を意味する。

十干を順番を表すときに使う時には3番を表す。また契約書などで変数的に用いられる。

漢字として

Unicode
U+4E19
JIS X 0213
1-42-26
部首
一部
画数
5画
読み(常用)
ヘイ
訓読み(常用)
-
𠰳
Unicode
U+20C33
部首
口部
画数
8画
意味
十干の第三位である。
字形
諸説ある。
台座の形、いけにえをげる大きな台の形など。
説文解字・巻十四〕には「南方に位して、物成りて炳然たり。陰初めて起こり、陽(まさ)に虧けんとす」と陰陽五行説的な意味を載せ、「一・入・[1]ふ。一は陽なり。丙はを承け人肩にる」と字形を解くが、甲文ではそもそも一の部分がない。甲文の形から足のある台のようなものの形とされている。白川静は丙は台座の小さなものでなどの石突もしており柄の初文という。
音訓
読みはヘイ(音)、訓読みは、ひのえ
規格・区分
常用漢字である。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。JIS X 0213第一準。
部首
説文解字〕では部首丙部を作るが、収めるのは丙のみである。
丙を符とする漢字には、昞、柄、炳、などがある。
丙丁・丙・丙綸

異体字

  • 𠰳は、19世紀末中国記号的に使われた字。Aに対するA'のように用いられた。

関連項目

脚注

  1. *徐鍇は注では門と解釈するべきとし、段玉裁は陽を伏蔵するものと解釈するとしている。

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2020/06/03(水) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2020/06/03(水) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP