何も見たくねえ…単語

ナニモミタクネエ

掲示板をみる(31)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

何も見たくねえ…」とは、絶望である。

概要

注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

漫画チェンソーマン』の第70話「摘む」のラスト岸辺が放った台詞

ソ連からの刺客・サンタクロースを倒したばかりのチェンソーマン、もといデンジ首チョンパしたクァンシは、コスモサンタクロースに本気のハロウィンを食らわせてとどめを刺す。その様子を岸辺吉田が少し離れた場所から眺めており、彼らの後ろからを持ったマキマが出てくる。

さすがのクァンシもマキマには敵わないため、武器を捨てて降参し、自身の愛人である魔人だけは殺さないで欲しいと懇願する。しかし、既に彼女らの首は切られており、マキマは「死体が喋っている」と冷ややかに言い放った。

その後、目隠しをとった吉田に「目隠し…取らないんですか?」とをかけられ、岸辺が発したのがこの台詞である。

目隠しをしているのは、マキマ契約している悪魔を一端のデビルハンターは知ることは許されないからである。よって、マキマを使用した後は外しても良いのだが、かつてのバディの残な死体が転がっているのは火を見るより明らかなため、外したくないと思うのは至極当然だろう。岸辺はこれより前、クァンシにマキマの殺の協めており、言う通りにしてくれれば逃がすし安全は保すると交渉していた。最強デビルハンターと呼ばれる彼でも、結局彼女を生かすことはできなかった感から発せられた重い一言と言えよう。

なお、その後、チェンソーマンストーリー文字通り「何も見たくねえ…」と言いたくなるような展開になっていくのだが、それはまた別のお話。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/23(木) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/23(木) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP