岡部孝信単語

オカベタカノブ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

岡部孝信とは、日本の元スキージャンプ選手である。現在チームコーチを務めている。リレハンメル五輪ジャンプ団体メダリスト長野五輪ジャンプ団体メダリスト

概要

1970年10月26日に、北海道下川町に生まれる。同郷の2年後輩に、スキージャンパーの葛西紀明がいる。

高校卒業後に北海道拓殖銀行に入社、社会人になってからワールドカップ出場など頭を現し始める。

1994年のリレハンメル五輪で代表に選ばれ、後輩葛西とともに団体でのメダルを手にした。

その後ワールドカップでも優勝を記録するようになり、1998年長野五輪でも代表に選ばれ、同じく団体で金メダルを手にした。しかし後輩葛西はけがによる不調で団体メンバーに選ばれなかった。
この前年に北海道拓殖銀行が破たんし、所属を雪印乳業(現:雪印メグミルク)に移した。 

長野五輪後、スキーの長さを身長146以内にするレギレーション正が行われ、小柄だった岡部は長さを短くせざるを得なくなり、そこから優勝や表台からも遠ざかるようになってしまった。

しかしあきらめることなく、ジャンプのたゆまない良が功を奏し、2005/2006年シーズンに復調、札幌大会では表台に上がった。このときの35歳3かは、当時の表台最年長記録になった。
1990年代黄金期ジャンパーが次々と引退し、そのあとの若手が育たないの時代において、岡部葛西とともにジャンプ屋台を背負う役割を担った。

そして2008/2009年シーズン、クオピオ(フィンランド)のラーヒルで、38歳4かでの優勝を果たした。自身にとっては11シーズンぶりで、葛西紀明が記録した31歳7かを大幅更新した(その後葛西2014年41歳7か、さらに42歳5かと、記録を塗り替えている)。

2011年以降は海外立った成績が出せなくなったものの、内では多くの若手を打ち破る実を見せつけていた。2014年3月TVh杯で最後の優勝を飾り、同引退を表明した。

現在はリレハンメル五輪長野五輪などでともに戦ってきた原田監督の下で雪印メグミルクコーチを務めている。

関連動画

関連商品

岡部孝信に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

岡部孝信に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/14(水) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/14(水) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP