今注目のニュース
体重40キロ超のビーグル犬、半年で28キロまで減量(米)<動画あり>
「ラブプラス EVERY」11日に再開 「正しく恋人になれない」など不具合に対処
『デレマス』島村卯月の「はじけて♪サマー」衣装フィギュアが再販決定

新田義重単語

ニッタヨシシゲ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

新田義重1135~1202)とは、平安時代末期から鎌倉時代にかけて活躍した武将である。

概要

足利氏とは同祖の義河内源氏で、新田氏の祖というべき人物である。上野の開発に従事し、1157年に藤原に私領を寄進し下職に任じられている。

秩父平氏やかつては協関係にあった足利氏とは緊関係に陥るが、南関東で支配体制を構築していたとは義康が相婿であったこともあり、提携することとなった。その過程で義長男や義康の庶長子・矢田義清にがせている。
また義河内源氏とも交流があり、武田信義加賀美遠光の加冠役や平賀盛義の親族たちを猶子としている。

全盛期になるとこれに臣従し、従五位下・大炊助に任ぜられた。

やがて治承・寿永の乱が始まると、11808月源頼朝の挙兵以降、甥の足利義兼息子山名義範、孫の里見義成らがくから頼の旗下に加わったのに対し、「自立の志」を持って軍勢を集め、第3勢として様子見にしてしまう。12月にこれに対する頼弁明に応じてようやく頼と合流し、以降他の一族にべて冷遇されることとなった。また頼の側室をめる動きにも北条政子への配慮から断ってしまい、ついに頼に信頼されることはなかったのである。

吾妻にもほとんど記録が残っておらず、1202年に亡くなったことがわかる。

彼の死後、ひ孫である新田政義の失策などもあり、新田氏はますます落していくこととなる。

関連商品

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/12/09(月) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/09(月) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP