森林組合 単語

1件

シンリンクミアイ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

森林組合とは、の所有者などによって設立された協同組合である。

概要

森林組合とは森林の保全や業などのために組織された協同組合である。称はJForest

基本は森林の所有者による出資で設立されている。森林にかかる購入・計画・販売・融資・森林災害共済など広範囲にわたって業務を行う。

上部組織として都道府県森林組合連合会があり、その上に全森林組合連合会が存在する。

また農林中央金庫は森林組合も対であり森林組合の資農林中央金庫が運用している。

分類

森林組合

市町村単位で成立し民有を管理する組合。

生産森林組合

集落などのごく狭い共有地の共同管理のための組合。

歴史

1907年に成立した森林法にて発生した組合である。その後、戦時経済体制に適用させるために森林法が定され森林組合は国家の下部組織へと変容する。

第二次世界大戦の後、国家組織の一部としての森林組合がことごとく機不全に陥ったため再度森林法を正し、大幅に自由をふやし施設組合と生産組合(後の生産森林組合)の二種を定義した。

後に森林組合法が森林法の一部が独立する形で1978年に成立、上記の施設組合が称され森林組合となったのである。

発電事業

近年、間伐材などを利用した木質バイオマス発電所が増えている。これは再生エネルギー固定価格買取制度により電収入が見込めるようになったことのほか、建前上森林由来のもを燃焼させた場合にはカーボンオフセットとしては(大気から吸収したCO2を再度放出することから)CO2が発生しないとみなされるということも関連している。

結果、発電に常時利用されるようになった場合には森林組合は安定的に木材等を売却することが可となる。

その一方で多くの地残材(放置された木材)などは搬出費の方が高くついてしまうため発電用に適さない。今後、収益化可能かどうかの選別も含めて最適化がなされていくと思われる。

バイオマス発電所
関西電力グループ関電エネルギーソリューション運営する発電所。は5.6MW
大野発電所
福井県大野市にある発電所、は7MW
金沢市民発電所
残材を利用した発電所

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/26(日) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/26(日) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP