水銀単語

スイギン

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

水銀とは、元素記号Hgで表わされる金属元素である。天然には(硫化物)と単体として産出する。

概要

原子番号80。金属において一常温・常圧下で液体の物質である。重が13.5と重いため、も浮いてしまう。白金など一部を除いた他の金属と、アマルガムという合を形成する。 

多くの生物にとって有な物質で、特に有機水銀のメチル水銀は神経系にダメージを与えるもので、水俣病熊本県)や第二水俣病新潟県新潟市)の原因ともなった。

自然界にも水銀は存在し、魚介類の摂取に起因する生物濃縮などが考えられ、それが胎児にを及ぼすとして、魚介類の摂取などについて注意するように呼びかけている[1]

水銀は、身近なものだと体温計や圧計、水銀灯などに用いられている。乾電池にも使用されていたが、メーカー製のものには現在は使用されていない。有機水銀化合物であるメルブロミンを用いたマーキュロクロム液赤チン)も殺菌消毒として利用されてきたが、2020年に製造終了している。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *魚介類に含まれる水銀について - 厚生労働省exit
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/03/03(日) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2024/03/03(日) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP