泣いて馬謖を斬る単語

ナイテバショクヲキル

掲示板をみる(39)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

泣いて馬謖を斬るとは、故事成語の一つである。「ふるって馬謖る」とも。

概要

故事の元は三時代のの武将である「馬謖」から。

西暦228年の「亭の戦い」において、馬謖が犯した失態により軍は大敗。この責任を取るため、馬謖は処刑されることとなるが、の軍師てあり馬謖の師である諸葛亮は規のためとはいえ、子である馬謖を処断してしまうことを嘆き、を流した。
このことから現代の日本では「どんなに優秀な者であっても、法や規を曲げて責任を不問にすることがあってはいけない」という意味で使用されることが多い。

この出来事の詳細は馬謖の記事に詳しいだろう。彼の馬良も「」の逸話で知られており、兄弟って故事成語に名を残すこととなった。

正史』の三国志と『三国志演義』では諸葛亮を流した理由が違っており、正史は上記通りなのだが、演義では、かつての君である劉備馬謖を重用してはならない」と遺言を遺されており、その言葉を守れなかった自身の不明を嘆いた。とされている。

なお、小説漫画など多くの作品では、三国志演義ベースにする内容が多い中、この逸話は前者の正史の解釈をされることが多い。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 37ななしのよっしん

    2021/05/13(木) 12:38:44 ID: r9+RlF95/C

    座学は優秀でも現場揮経験ゼロをいきなりトップにしてはいけないってだな

    いきなりトップに据えても実績ないにはも従わない→なら実績作って黙らしたろうじゃないの!→玉砕のコンボが待ってる

    そういうプレッシャーとか焦りもあったんだろう。趙括なんかもこれだろうし、陸遜辺りも一歩間違えばコレになってた可性がある

  • 38ななしのよっしん

    2021/07/30(金) 14:35:20 ID: naif950xX9

    馬謖戦場に出さずに内政とかに
    回せばマシな展開になれただろうか・・・

  • 39ななしのよっしん

    2021/07/30(金) 14:42:54 ID: zhOZIbs6K3

    >>37
    演義ならともかく、史実の陸遜は既に現場で実績上げてるからね。
    だからにとっての秘密兵器みたいな立ち位置だからね。

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/26(日) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/26(日) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP