今注目のニュース
2位の「令和」、押しのけ1位は? 2019年のGoogle検索ランキング
『ボンビーガール』出演者の小言聞こえ物議 「応募した子がかわいそう」
ステマ騒動で流れたうわさ「PRを付けるとTwitter社に広告費を払う必要がある」 Twitter社は「事実ではない」

馬謖単語

バショク

  • 3
  • 0
掲示板をみる(256)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

馬謖とは、

  1. 中国を代表する登山家
  2. マッスルハウス所属のプロレスラー(?)、ジャイアント馬謖

である。本項では1.について説明する。

概要

生年190~没年228。字は幼常。後漢末期から三時代の人で、に仕えた武将。

襄陽宣県)の出身。襄陽の名である「氏の五常」の中の五男(末子)として誕生した。

217年頃、荊州従事としてに入り、劉備に仕え、各所の県・太守を歴任した。並外れた才の持ちで、軍略を論じることを好み、その才諸葛亮に高く評価された。ただ、劉備は彼を信頼せず、で臨終する間際にも、「馬謖は口先だけの男であるから、くれぐれも重要なことを任せてはならない」と諸葛亮に厳しく念を押したといわれる。しかしながら馬謖の才する諸葛亮は、劉備の死後、彼を参軍に任命し、親しくり合った。

224南蛮制圧の際、馬謖は「を攻めるは下策、心を攻めるが上策」と諸葛亮に助言し、これが七七擒などの作戦に繋がり、南征の成功との後背地の安定に寄与することになった。

2283月諸葛亮は第一次北伐の際、彼に戦略上の要所である亭の守備を命じた(亭の戦い)。諸葛亮筋を押さえるように命じたが、馬謖はこれに背き山頂にを敷いてしまう。副将の王平はこれを諫めたが、馬謖は聞き入れようとしなかった。その結果、張郃らに路を断たれ山頂に孤立し、軍は惨敗を喫すこととなる。翌5月諸葛亮は敗戦の責任を問い、軍規に基づいて処刑した(王平伝より)。諸葛亮はこの責任を取って自ら丞相から右将軍に降格した。「泣いて馬謖を斬る」の故事の元がこれである。

ここの処刑については、「軍規違反で下手したら全滅しかねない」と言う理由もあるが、記述によってはどうやら敗戦後に処罰を恐れて逃亡したらしいと言うのが決定打となっている。。

ちなみに山上に布すること自体は策の1つである。だが、上記の孔明揮内容にもあるとおり、この戦いの的は「正面からガチンコで勝つ」のではなく、「戦では劣っているのだから、消耗しすぎない戦いをする」ことである。それが読めてないあたりは「生兵法」たるゆえんなのだろうか。

この失敗がなければ次世代のホープとして活躍していたかも知れないだけに惜しい人物でもあった。

ただし年齢からして既に40近く、当時からするともはやベテランの域なので(だからこそ孔明の命視して好き勝手できる立場なのだ)、ホープと言えるかはやや怪しいのだが。

漫画・ゲームの馬謖

孟獲を帰順させるアドバイスをするなどに貢献した馬謖だったが、亭の戦いでの致命的な失策が今もなおネタとされ続け、馬謖を「登山家」「山頂」と呼ばれるようになった。

漫画「横山光輝三国志」

概要のほかに、司馬懿を警する諸葛亮に馬謖が流言を提案し、結果的に司馬懿から軍権を一時的に取り上げる事に成功した。 

劇場版アニメ「三国志」

コーエー「三国志」シリーズ

孔明ほどではないがどの作品でも政治・知が高く、軍に入れれば頼もしいほどの存在感を見せてくれる。

特に「三國志11」では特技・出(部隊計略の消費気が1になる)があるので、有能な人物と部隊を組めば、気を気にせず乱打できる。

無双シリーズ

モブながら2のころから専用イベントがあり、3では孔明に泣いてられるムービーが、4では亭の戦いシナリオで総大将に就任し口調と見たが違う特殊モブであった。5Specialでは亭の戦いに専用BGMがつき、このBGMは「登山家テーマ」として人気が高い。

このようにPCフラグは何度も立っているのだが悉く見送られている。

セガ「三国志大戦」シリーズ

セガの「三国志大戦2」では計略名が『泣馬謖(自身は撤退し自軍の士気が増える)』と個性的なカードだった。「三国志大戦3」では計略が単なる挑発となり、便利ではあるものの地味だと、この変化を惜しむファンがいる。

また、軍師カードの馬謖も存在する。

…と思ったら、三国志大戦3においても泣馬謖が復活。

彼を用いたロマン溢れるデッキがここに登場した。

関連商品

馬謖関連

登山関連

j

関連項目

掲示板

  • 254ななしのよっしん

    2019/05/12(日) 11:22:26 ID: CMiL/Lmxv0

    なんか記事内容が変わってるけども、史書には「馬謖が逃げたことを向寵が黙っていたので処罰された」とあるだけで、「敗戦後」「処罰を恐れて」などといった記述はない。

    また同様に、「馬謖は命に反した」とはされているが、「諸葛亮筋を抑えるように命じた」という記述もない。

    そして馬謖亭の山上に布した理由もまた史書にはなく、
    「戦いの的は~」という部分も想像でしかない。

    そして38歳だから当時としてはベテラン、というのも少し違う。
    当時においても国家の枢要にあたる職につくのはだいたい40代以降であり、馬謖の年齢と言うのは丁度下積みから重職ルートへ上るあたりの年齢で、つまり「(高級官僚の)ホープ」と言える。
    陸遜39歳で夷陵の戦い揮をとった時、周囲に侮られて「自分は確かに(経験の少ない)書生だが、主命を受けている」という論法でねじ伏せている。

  • 255ななしのよっしん

    2019/05/12(日) 13:03:10 ID: eSa2WuxQJE

    横山光輝三国志では亭でのスタンドプレーから撤退後の申し開きまで
    ずっと「お前は何を言ってるんだ」状態の言動だったのが不快だったなあ。
    弁解も子供の言い訳レベルだったし、個人的には董卓に次いで嫌いだった

  • 256ななしのよっしん

    2019/10/03(木) 03:05:30 ID: pzW5dIPGq5

    >>252
    それも難しいと感じる。馬謖は、適性と人格性向が乖離している。
    適正はスタッフ向きなのに、性向は鼻息荒い、ライン傾向。
    功名心強い馬謖には、大人しく「幕僚団の一人でいる」ことができない。
    一参謀として協調性なく、参謀総長として幕僚団の英知を集約することもできない。
    スタッフでもラインでもなく「個人秘書」として上に献策する手もあるが……
    組織の論理からすれば、統制を乱す越権。

    廖立は「刑死しなかった馬謖」で、使いどころが難しい。

流行語100

急上昇ワード

最終更新:2019/12/12(木) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/12(木) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP