瀬川晶司単語

セガワショウジ

1.4千文字の記事
掲示板をみる(7)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

瀬川晶司とは、将棋棋士である。

概要

1970年生まれ。

もとはアマチュアとして活動していたが、2005年に当時としては特例となるプロ入試験(奨励会を経ずにプロ入りする)を通過しプロ入りを果たした。棋士番号259

2012年8月13日に四段から五段に昇段。
2018年11月8日に六段に昇段。

経歴

プロ入りを15歳奨励会入り。21歳で三段昇段。三段リーグでは大きく負ける事はなかったが大きく勝つ事もなく、26歳で規定により退会(通算7272敗最高位8位)。

その後一度将棋から離れるも、アマチュアとして将棋に復帰。
アマチュア棋戦で立て続けに好成績を上げるばかりでなく、それによって出場権を得たプロ棋戦でも、アマチュアとしては異例の好成績を挙げた(アマチュアの間にプロ相手に合計17勝している)。

その後、瀬川自身や周辺が日本将棋連盟プロ入りを提起。プロ並みの実ということが知られてたとはいえ、前例がほとんどない(特例でのプロ入りとなれば1944年花村元司以来となる)ことから、棋士の間で大論議となったが、最終的に2005年プロ入試験の実施を決定。「6局して3勝以上で合格」という条件のもと、3勝2敗の成績を上げプロ入り(フリークラスの四段)。
またこれを機に、正式にプロ入試験の制度が制定され、アマチュアプロ棋戦に出場して一定の勝ち勝率最低でも10勝が必要)を上げるとプロ入試験が受けられることとなった。

フリークラスに新規に入った場合は、10年以内にフリークラスから昇級(順位戦に参加)しないと引退となるという規定が存在する。昇級条件は「良い所取りで、30局以上の勝率が6割5分以上」など容易なものではないが、2009年5月15日棋聖戦予選で中座勝利した時点で上記の条件を満たし、順位戦への参加を決めた。

2012年8月13日棋聖戦一次予選で近藤正和に勝ち、四段昇段後公式100勝の規定で五段となる。人柄なのか、五段昇段の際には色々なお祝いやお祝い会が開催された。
2018年11月8日に、順位戦C級2組第6局で南芳一九段に勝ち、五段昇段後公式120勝の規定を満たして六段に昇段。

エピソード

関連動画

瀬川晶司 昇級への道のり

将棋棋士の人狼

関連商品

関連項目

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

  • 5ななしのよっしん

    2017/12/09(土) 16:08:25 ID: aGf2PsQFDZ

    なんてドラマチック人生・・・
    そして案の定映画化するのか

  • 6ななしのよっしん

    2018/08/27(月) 22:24:34 ID: dvZHpy4nH7

    鈴木大介(ハチワンで)
    奨励会員たちは想い続けていればうとかそんなもので絶対プロ棋士になれないことを知っている」

    瀬川晶司(講演で)
    「諦めなければ、は必ずかなう」

  • 7ななしのよっしん

    2018/11/15(木) 20:34:31 ID: n+k+U2CnUF

    なお、銀河戦でYouTuberに負けた模様

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/10/05(水) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2022/10/05(水) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP