孔雀単語

クジャク

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

孔雀クジャク)とは、キジキジ科のである。

概要

美しいの代名詞として使われることも多いが、基本的に美しいのはオスだけである。

の3種類に分けられる。ちなみに日本動物園にいるのは、ほとんどがインドクジャク。

手な飾り羽を持ってるほうがオスで、これを大きく開いて行動を行う。孔雀の雄の羽は異性間淘汰によって発達した例として知られ、詳しい解釈は研究者によってさまざまであるが、要は孔雀の世界でもルックスがいいヤツのほうがモテるということである。ルックスが良いオスが複数いる場合は鳴く回数が多い(≒体力のある)個体がモテる。

短い距離であれば飛行することも可であり、その姿は鳳凰火の鳥を彷彿とさせる。

文化における孔雀

絵画では江戸時代の画丸山応挙や伊藤若冲による孔雀画が有名。屏壁紙などに大きく描かれることが多かった。

音楽ではコダーイ・ゾルターンによるハンガリー民謡「くじゃくは飛んだ」が有名で、中学校高校吹奏楽部のコンクールでは定番曲のひとつ。

宗教ではを恐れずすら食べてしまうため、スカンダ()や孔雀明王の乗り物に選ばれている。他方でキリスト教では玉模様の尾羽根や鳴きアピールすることから七つの大罪傲慢」のシンボルに選ばれている。

関連動画

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/23(金) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/23(金) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP