今注目のニュース
長崎県に特別警報発表 土砂災害や河川の増水に最大級の警戒を
立ちションをUVライトで可視化したら飛び散りまくっていた!どこを狙えば飛び散らないのか判明!「座りしょん」はリスクもあり!
「うなうなディスコ~♪」 スーパーで流れる謎のうなぎソングは何なのか? 制作元に聞いた

秘宝館単語

ヒホウカン

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
未成年の閲覧注意 この記事の一部にはあんなことやこんなことが書かれています。
この記事を開いたまま席を離れたら大変なことになる可性があります。

秘宝館とは、性に関する展示施設のことである。

概要

1969年徳島県男女神社秘宝館がオープンしたのが始まり。1972年三重県に元祖国際秘宝館がオープンして以降、全で秘宝館の建設ラッシュが相次いだ。特に団体旅行客が見込める温泉地に多く、何らかの施設に付随して設置されたものも多い。

1990年代以降になると、インターネットの浸透などで性的なものを展示する必要性がくなっていったり、社会の性的表現に対する当たりが強くなったり、管理者が高齢で後継ぎがいなかったり…といった理由で閉館していった。先述した男女神社秘宝館は2017年、元祖国際秘宝館は2007年に閉館している。

建てられてから長い年が経っているため、施設は昭和の香りがするものが多い。例えば、マリリン・モンロー女性マネキンパンチラさせることができる装置などがある。ほかの展示品も雑多に並べられており、独特な雰囲気である。ただ、中には学校保健体育科のようなな内容や、「性の歴史」など一般的な博物館の常設展示ではなかなか見られないものも扱っている場合がある。また、川崎市金山神社の資料室のように、もともと性信仰のある神社の資料館も秘宝館扱いされることがある。

管理人もぶっ飛んでいることがあり、例えば群馬県の「珍宝館」の館長は「館長兼マン長」を名乗っているちん子さんという方である。

海外の秘宝館にあたるものは「セックスミュージアム」と呼ばれており、人体骨格標本パンダクモ交尾する像、ケースに入った大人のおもちゃなど、日本以上にいろんな意味で洗練された展示品が多い。

関連動画


関連リンク

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/07/20(土) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/20(土) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP