今注目のニュース
「旗揚!けものみち」アナウンサー村田晴郎の「実況!けものみち」③
「もはやファミレスのレベルじゃない」と話題 ロイヤルホスト「渋皮栗とほうじ茶のブリュレパフェ」を食べてみた
魚の骨がのどに刺さった時はまずどうすべき?

Phun単語

ファン

掲示板をみる(59)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

Phunexit_nicovideo(ふぁん)とは、2008年2月13日に一般開された、2次元物理シミュレーションソフトウェアである。

読み方は「ぴゅん」でも「ひゅん」でも「ぴーふん」でも「ハァン」でもないので注意してね。

以下、日本語解説サイトより引用

Phunとは、スウェーデンにあるUmea(ウーメオ)大学VRlab(Virtual Reality Laboratory)の学生Emil Ernerfeldt氏が開発した物理演算ソフトです。
重力をもったフィールドに、四や円、手書きによる描画を直感的に操作することができ、自由な組み合わせによって様々な仕組みを作り出すことができる今までにない新しいゲームです。
Phunは、ゲームとしての面さを追求するだけでなく、重力バランスという物理学の基本を学び、自己表現や発想、分析、問題解決等を高める知育ソフトとしても今後注されるでしょう。

表現の可性は限大です。

PhunはEmil氏の修士論文のプロジェクトである。2012年現在、彼は、導教官であったKenneth Bodin氏がCEOを務めるAlgoryxシミュレーション社(プロフェッショナル向けの3D物理エンジンの開発を行っている会社)でPhun及びその有償版であるAlgodoo(アルゴドゥ)の開発を続けている。
2011年12月21日開されたAlgodoo 2.0.1では、無料でAlgodooのシーンを遊ぶことができるようになった。

概要

2次元に限定されるが、お絵書き感覚で物理シミュレーションが行える。それでいて頑ればかなり複雑なメカニズムまで作りこむことができる。シミュレーション中に描画することもできる。関連動画を見ていただくとわかるように、使用例は多岐に渡る。

対応プラットフォームはWindowsLinuxMac OS X

関連動画

入門・紹介

宇宙開発

ピタゴラ装置

メカ

アニメーションツールとしての使用例

アクションゲームを作ってみた

関連項目

関連リンク

掲示板

  • 57ななしのよっしん

    2017/01/12(木) 18:28:24 ID: rkH3pEeUQf

    ガバガバ物理演算シリーズほんとすき

  • 58ななしのよっしん

    2017/06/01(木) 23:06:02 ID: Wufphxh0Fc

    プフンほんとすき

  • 59ななしのよっしん

    2017/12/09(土) 00:53:08 ID: dlZCnPlhua

    -圏論ほんとすき

急上昇ワード

最終更新:2019/10/17(木) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/17(木) 14:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP