今注目のニュース
東京五輪マラソン、300億の暑さ対策が水の泡 千原ジュニア「東京駅の地下を走ったらええ」
劇団ひとり、隣人との“騒音トラブル”解消で「幸せ」
“豆乳アイス”や“ヴィーガン”流行で大豆に脚光、肉・チーズ・バターなどの代替食品が続々、“ホット豆乳”提案も活性化

XR単語

エックスアール

  • 0
  • 0
掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

XRとは、本田技研工業が製造・販売しているバイクモデル名である。

XR250

本来XRはエンデューロレーサーとして誕生した競技用モデルだが、一部のモデルには走行が可なように保安部品を取り付けたモデルが少数だが生産されていた。この需要はかなり大きく、モデルは多数のバックオーダーを抱えることになった。
これを受けて、1995年に「XR250」としてモデルが販売開始される。
249ccパワーユニットを搭載する一方でエンジンのような大シュラウドにレーシー塗装が施され、
さながら「エンデュランサーレプリカ」とも言うべきデザインで好評を博した。
また、北で開催される過酷なオフロードプリントレースに出場するモデルモチーフとした「XR250BAJA(バハ)」も発売され、大きなツインライト量とノーマルの倍近いガソリン容量でアルスローダー的な使い方も可モデルとして評価を集めた。
2003年にはモタードブームを受けてXR250モタードラインナップに追加されている。

2005年にはBAJAが機種整理(という名のリストラ)で、2007年にはモデル自体が排ガス規制強化の煽りで生産終了となった。

余談ではあるが、平成ライダーシリーズにおいては最も多くベース車両に使用されている。
ライダー視聴者からXR海苔になにったライダーは少なくない。はず。

XR230

2005年SL230フルモデルチェンジするという形で誕生したモデル
ヤマハセローと同じトレッキングモデルとしてのカテゴリーを継ぐと同時にXR250の生産終了を受けて本格オフロードイメージを持つことになる。
軽い体と低いシート高は単にビギナー向けというのみではなく、XR250最大の難点とされた足付き性の悪さを善して悪路の走破性にも大きく寄与している。
2008年には排ガス規制に適合するようマイナーチェンジが施され、それに併せてモタードモデルも発売された。

XR100・XR50モタード

モデルの系譜としてはXLR80(競技モデルXR80仕様)を祖に持つが、エイプの発展系モデルとしての側面が強いモデル
エイプと同フレーム本家XR譲りのカウルとNSR50系のホイールを装備している。
その特性上XRの系列に数えるかどうかには議論があるが、編者の私見を述べさせていただけば「エンデュランサーレプリカ」という性質は本家たるXR250に通ずるものがあるといえよう。

こちらのモデルも排ガス規制によって生産が終了している。

関連動画

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/23(水) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/23(水) 11:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP