アーチャー対戦車自走砲

について語るスレ

記事をみる

10

<<

>>

1/1

  • 1ななしのよっしん

    2017/03/05(日) 10:08:24 ID: H8PS9TJoBA

    操縦士撲殺マシーン

  • 2ななしのよっしん

    2017/04/26(水) 14:02:11 ID: deWLi/GHKc

    これフロントエンジンにしたら前向きに置けたんじゃないかと素人思考
    まあこれはこれで離脱がしやすくなったからいいんだけどね。

  • 3ななしのよっしん

    2017/04/26(水) 15:19:59 ID: cRA1rfYPyg

    VS戦車自走砲とはなんぞや
    と、5くらい考えて読み間違いに気付いた

  • 4ななしのよっしん

    2017/05/02(火) 04:18:35 ID: JVO5IoG/jq

    >の駐退機が操縦席まで後退するため、発時に操縦手は席を離れる必要があり

    グランドパワー2017年6月号」のバレンタイン歩兵戦車特集で否定されていたみたいだよ
    https://twitter.com/seizonsya/status/858684619897556994exit

  • 5ななしのよっしん

    2017/05/19(金) 19:34:55 ID: plswkVZ3UX

     また一部の資料では、アーチャーの操縦手は射撃に際して左右いずれかに逃れる必要があるとしているが、装備する17ポンは強な油圧式の駐退機構と2本の駐退スプリングにより、その後座量は36.8cmに限定されるので、着座したままで逃れる必要はない。
    操縦手が着座位置を離れるのは、線操作の際と脱出時だけだ。
    グランドパワー 2017年6月号 P.60より)

  • 6ななしのよっしん

    2018/03/06(火) 22:27:04 ID: lnXMr4Am3v

    英国面から来たけどそこまで英国面か?
    初めて知ったときは対戦車自走砲としてありだなって思ってたし英語圏でも評判悪くなかったと思うんだけどなぁ

  • 7ななしのよっしん

    2018/03/09(金) 18:43:57 ID: 7ZONzwE4sp

    >>6
    英国面って言葉自体、過剰に大喜利ネタにされてる感あるからな

    的なコミュニティの一生みたいな流れを追っている言葉で、一昔前のイタリア軍ネタみたいなもんだと思って方がいいぞ
    例示されてるようなレベルの物は探せば他でも恐らくある

  • 8ななしのよっしん

    2018/03/25(日) 08:46:34 ID: hE8zL5nPmh

    操縦手逃げなきゃいけない問題について記事訂。
    個人的に気になるのは「※後期生産52発」のところ。
    13発もの弾を追加できるスペースがこの輛にあるようには見えないんで、事実だとしたらどこにどう追加したのか興味がある。
    グランドパワー2017年6月号には52発という情報はなかった。)

  • 9ななしのよっしん

    2018/08/16(木) 15:48:46 ID: n2c1NB/Y9x

    弾薬を置くための外して工夫して置いたのを公式スペックにしたとかかな?

  • 10ななしのよっしん

    2018/08/16(木) 16:06:29 ID: YssVcHxdep

    兵と現代戦車の戦いを描いたB級映画タイトルかと思った普通兵器名なのね

<<

>>

1/1


TOP
       

ほめた!

すでにほめています。

ほめるを取消す

 

 

OK

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

キャンセル

ログイン