単語記事: 陸戦型ゲルググ

編集  

陸戦型ゲルググMS-14G ゲルググG)とは、『機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…』『機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles』に登場するモビルスーツである。

本記事では『MSV-R』のMS-14GDゲルググG」も解説する。

概要

MS-14ゲルググ」の重力仕様

0079年10月ゲルググの有用性を確信したジオンは第一次生産が始まった後に陸戦用プランを検討。キャリフォルニアベースMS-14の基本パーツを移送し、陸戦型ゲルググの開発が取り組まれた。

重力下用に調整されたゲルググ完成したのは約一カ後である。ジオン地上部隊の劣勢・戦場宇宙に上がった事もあり、ロールアウトした時期にはどの機体が活躍の場を失っていた。

確認された2機の共通点・ゲーム内の記述から防処理を施し、陸戦パックに換装した物がGと思われる。

ヴィッシュ・ドナヒュー機

コロ落ち』に登場するG。ヴィッシュ・ドナヒューの最期の乗機としてホワイトディンゴ戦を繰り広げた。

基本形状は先行量産型ゲルググと同じだが、腕の予備ジェネレータをガトリンググレネードを内蔵している。陸戦用の高機動パックは採用していない。初期製造機である可性も摘されている。

1年戦争が終結した直後の宇宙世紀00801月1日終戦を知らないジオンオーストラリア方面軍はヒューエンデン基地でしい抵抗を行っていた。当基地の防衛戦にヴィッシュのゲルググも投入され、急造兵器ライノサラスとともに突入してきたホワイトディンゴ隊と交戦。正確な一射でジム・スナイパーの左腕を吹き飛ばしている。
小説版では原作同様ヒューエンデン防衛に投入されているが、連邦軍の航空基地を急襲して化する活躍が追加されている。また令部施設に立てこもったマッチモニードにフルパワービームライフルを撃ちこみ、全滅させた。

ケン・ビーダーシュタット機

Lost War Chronicles』に登場する外人部隊のG
ガトー機と同様の大試作ビームライフル、陸戦用パック、専用シールドを装備している。因みにメイ・カーウィンの好意からケンに手配された機体であり、Gジェネ魂ではケンの専用機として扱われた。

オデッサで機体を受領したケンは、ゲルググを使いこなしてアジア方面に向かう。行き先はバイコヌール宇宙基地で、彼らは宇宙への帰還をしていた。途中、連邦軍部隊が何度も迎撃してきたがその全てを壊滅させている。

マット・ヒーリィの陸戦型ガンダム戦を繰り広げるも途中で終戦を迎え、決着はつかなかった。

MS-14GD ゲルググG

MSV-R』に登場。G砂漠仕様に変更したマイナーチェンジ機。名称が紛らわしい。

ジオン地上軍の劣勢に伴う生産性の低下・供給ラインの悪化が原因で設計を変更しており、脚部スラスターをオミットして脚部アウトラインを縮小化、更にMS-06D ザク・デザートタイプと同バックパックを装備し、ホバー捨て歩行性を向上させた。軽量化に伴う小シールドや冷却効率が向上した専用ビームライフルも用意されている。

キャリフォルニアベースの奪還により生産を打ち切られたため8機しか存在しない。内1機はMS-06JK ザクハーフキャノンとの混成部隊が運用していたようだ。

ガンダムエース2013年3月号≫

関連動画

陸戦型ゲルググに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

陸戦型ゲルググに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%99%B8%E6%88%A6%E5%9E%8B%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%82%B0%E3%82%B0
ページ番号: 5443417 リビジョン番号: 2540519
読み:リクセンガタゲルググ
初版作成日: 16/09/16 17:33 ◆ 最終更新日: 17/11/15 09:11
編集内容についての説明/コメント: ヴィッシュ機を加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

陸戦型ゲルググについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2017/05/06(土) 19:06:19 ID: fUYtElOjhK
陸戦型ガンダムと同等、ってことでいいのかな?
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829