チーム・ロッシ単語

チームロッシ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

チーム・ロッシ(Team Losi Racing)とは、アメリカ合衆国ラジコンメーカーである。

レーサーヴァレンティーノ・ロッシ/グラツィアーノ・ロッシ(Rossi)子とは関係ない。

概要

所在地はカリフォルニア州オンリオ
アメリカのRCホビーメーカーHorizon Hobby下のラジコンメーカー

オフロードバギーとしており、特に1/18スケールのスタジアムトラックMini-T」シリーズ人気を博している。

ヨーヨーメーカーとして

ヨーヨーヨーヨーメーカー・ショップ一覧 > チーム・ロッシ

1990年代末期から2000年代初頭にかけて、ヨーヨーの生産を行っていたことがある。
ロッシ自体は数機種しか発売しなかったが、これらの機種が21世紀のヨーヨーを決定づけた。

メーカーは、ラジコンでは常識の「カスタマイズ」という要素をヨーヨーに応用した。
軸周りにボールベアリングゴム製Oリングを採用し、溝幅を自由に変えられるようにした。
また、着脱可なラバーウェイトを搭載したことで、重量も自由に調整できるようになった。
ラジコンメーカーらしく、ベアリングにもこだわっていた。

これらはチームロッシが初というわけではないが、ヨーヨー移行期にあって総合的によくまとまっていたこともあり、スピンタスティクススーパーヨーなどの競技ヨーヨー専門メーカーに劣らぬ使用率があった。

特に「チームロッシ・チェリーボム」はストリングプレイ機としての完成度が高く、開発にかかわったスティーヴ・ブラウンともども高い評価を受けた。
スティーヴは老舗ヨーヨーメーカーDuncan Toysに引き抜かれ、「ダンカン・フリーハンド」を完成させたが、それには本機のOリング調整機構やラウンドバタフライシェイプが受け継がれている。

チームロッシは、スティーヴの移籍後ほどなくしてヨーヨーの製造からは撤退するが、その技術を受け継いだダンカンハイエンドメーカーとして奇跡の復活を果たし、「フリーハンド」も(破損によるモデルチェンジはあったものの)2016年リニューアルまで、「チェリーボム」の面影を遺したまま生産が続けられていた。

機種

旧所属プレイヤー

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B7

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

チーム・ロッシ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • チーム・ロッシについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!