デジロック単語

デジロック

デジロックとは、デジタルロックの略、
つまり電子音と合成させたロック音楽のことである。

概要

元々はビッグビートとほぼ同じ意味合いで雑誌『LOUD』で使われていた言葉であるが日本ではテクノ(というより四つ打ちダンスミュージック…特にユーロビート)のカラーを強めたロックか、ダンスミュージックテイストを盛り込んだロックサウンドのことをすようになった。論、旧来のロックサウンドアナログロックと呼ばれるはずがなく、日本音楽雑誌がわかりやすくするように定義しただけなので留意していただきたい。

海外ではダンスミュージックロック融合のことをビッグビートと呼び、このジャンルではThe Chemical BrothersFatboy Slim、he ProdigyBOOM BOOM SATELLITESJunkie XLらが該当する。

一方、ビッグビートとは同義ではなくなったこのジャンルではFENCE OF DEFENSEB’zaccessら、TM NETWORKサポートバンド出身の、TMファミリーと呼ばれるアーティストたちの楽曲がヒットした1990年代日本を中心に冒頭でも触れたユーロビートロックとして定義されていった。しかし、サンプリングのように使用したり、効果的にシンセサウンドを多用するバンドもこの分類に属することもあり、hideに関してはインダストリアルロック共々デジタルロックの代表例として挙がることがある。また、布袋寅泰も同ジャンルの先駆者の一人として名前が知られており、少なくともソロデビュー作である『GUITARHYTHM』から既にギターロックデジタルサウンド融合を試みていた。

音ゲーだと一応、beatmania 3rd MIXではビッグビートに近いロックサウンドとして『area code』がデジタルロックというジャンルで登場したが、現在の定義に近いジャンルとして登場させたのがpop'n musicだったりする。論、他機種でもデジタルロックいわけではない。(例:『rage against usual』『RIGHT ON TIME』等)

ただし、性質上他ジャンルと混同されることもある。例えばPOLYSICS打ち込みを用いているがこちらは本人たちも自称しているニューウェーブに分類される…はずだが、音楽分類を気にしない人にとってはこのジャンルだと思う人もいるかもしれない。また、デジタルハードコアの代表格であるATARI TEENAGE RIOTもなぜかこのジャンルに分けられていたことも…。インダストリアルロックインダストリアルメタル)の代表であるNine Inch NailsRob Zombieら、現在ではピコリーモレイヴコア)の代表であるもFear, and Loathing in Las Vegasらもこのジャンルと混同されやすい。

主なアーティスト

※基本的にビッグビートに括られるアーティストは除外とする

関連商品

関連項目

脚注

  1. *デジタルハードコアに分類されることもある
  2. *キングレコード在籍時代後期~ワーナーミュージック・ジャパン在籍前記までが該当
  3. *AA=同様、デジタルハードコアに分類されることもある
  4. *アルバムelectrock』発売以降は散発的に実施するのみに留まっている

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%87%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

デジロック

1 ななしのよっしん
2013/04/11(木) 22:04:22 ID: br3Wprh/7p
ポップンに言及してbeatmania5鍵/弐寺)はスルーなのは何故