ロサンゼルスの戦い単語

ロサンゼルスノタタカイ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ロサンゼルスの戦いとは、第二次世界大戦中の1942年2月25日に生起した戦闘である。

概要

1942年2月25日午前1時44分、米国ロサンゼルスにあるアメリカ陸軍レーダー西方193kmの太平洋上に25機の機を探知。軍はこれを日本軍機と判断し、西海の部隊に対して迎撃を命戦闘機スクランブル発進した。

午前3時サンタモニカに時速約320キロで飛行するい物体が出現。多くの軍人、民間人が物体を撃したという。物体に照射されたサーチライトを頼りに陸軍37沿砲兵団が対射撃を開始し、1430発の弾を撃ち込んだが命中弾は1発も出なかった。現場に到着したP-40戦闘機などが追跡したが、全く効果はかった。未知の日本軍機の襲来によりロサンゼルスは大混乱に陥り、3名が心臓麻痺死亡。3名が弾の破片によって死亡した。パニックに陥った市民によって情報が錯綜し、撃墜された日本軍機がハリウッドにある等のデマが飛び交った。

の物体は約20分間に渡って飛行したのち、突然全てが消失。何事もかったかのように戦闘は終結した。翌25日午後、海軍長官のフランクリンノックスは会見を開き「誤報であり、攻撃はかった」とした。しかし陸軍長官のヘンリー・スティムソンは「15機の航空機が上で上昇と降下を繰り返していた」と発表し、陸海軍で意見が異なった。最終的には日本軍機と判断されたが、相は闇の中である。

余談

大東亜戦争開戦劈頭、日本海軍は9隻の潜水艦を送って西海通商破壊を行い、また戦闘が起きる直前の1942年2月23日19時には17潜によるエルウッド石油製油所撃が行われた。このためアメリカ民は日本軍による上陸が近いと戦々恐々しており、ゆえに日本軍の脅威に対して過剰に怯えていた背景があった。未確認飛行物体日本軍機と間違えるのも理はいと言える。ところが戦後の調により、当該地域に日本軍機が活動していなかった事が判明。では、あの飛行物体は何だったのだろうか。オカルトの一つである。

突然一斉に消えた事からUFO説も飛び出している。このUFO説を採用して製作されたのが映画世界侵略:ロサンゼルス決戦』である。この映画ではロサンゼルスの戦いは宇宙人による威偵察という設定になっている。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ロサンゼルスの戦い

1 ななしのよっしん
2020/04/25(土) 21:15:41 ID: PMnXL/+9/c
劇場版パトレイバー2元ネタなのかな?

急上昇ワード改