他力本願単語

タリキホンガン
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

他力本願とは、近年では「他人任せ」「他人依存」と同じ使われ方をしている言葉。

概要

元々は仏教であり、浄土真宗の宗祖親鸞によって広められた言葉。ここでいう他とは「如来の」の事をし、本願とは「命ある存在が、一様に極楽浄土にいけるようにという願い」のことを言う。つまり「如来のによって、衆生が往生できるようにというはたらき」を意味している。

しかし誤用によって一般の間には、他人のを当てにすること、人任せなこととして使われている。原則的にポジティブな使われ方はしない言葉であり、社会生活においてもネットの中でもこういった行動は好まれない。

また、本来の意味を熟知している『仏教関連に精通した人物』(僧侶坊主など)に対してこの言葉を不用意に用いる事は『タブー(=禁句』であるという事を肝に銘じておくべし。下手すれば『知らなかったでは済まされない事態』へ発展しかねない。

まあ世の中には「言い出しっぺの法則」というのもあるので、やりたいこと、やってほしい事があるならまずは自分でできることからやってみましょう。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BB%96%E5%8A%9B%E6%9C%AC%E9%A1%98
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

他力本願

49 ななしのよっしん
2019/12/15(日) 12:25:02 ID: 9e6105Rr4y
勘違いしてはいけないのは「他力本願」の『他』とは
「自(じりき:自分の成仏す)」に対して他という言葉を使うだけであくまで、一のみを対としていること
だから「でもいいから助けてもらう」というような投げやりな言葉ではなく
におすがりをするしか、こんな私が救われるはありません」との覚悟の言葉ということを理解してもらいたい
50 ななしのよっしん
2019/12/16(月) 17:23:30 ID: 77Act/ocQh
五十歩百歩五十歩と歩は違うか同じか論争みたいだな
51 ななしのよっしん
2020/02/21(金) 22:46:03 ID: 4n8mZEzIqx
他人に任せるということは、他人を信じ、その結果がどんなものでも受け入れるということ
覚悟がなければそんな姿勢にはなれない
52 ななしのよっしん
2020/02/21(金) 22:47:55 ID: HZbr/O259T
でもお前文句言うじゃん
53 ななしのよっしん
2020/03/06(金) 06:11:27 ID: +vMjzkz6Nu
1.なかなかリーダーシップを取りたがらないので責任所在が不明なまま事が進む。更に、計画段階で極反対者が出ない難な最大公約数的なものを見つけ出すために非常に長い時間を掛ける。
2.当然璧な計画などなく、何かしら不満や文句は出てくる
3.1.が原因で、不満や文句をぶつける先は多くの場合責任者というより代表でしかなく、計画を見直す強な権限や
4.結果、計画の変更・中止が行われることが少なくなり、計画の立案も更に長期化する
保守ループ

>>51
一家父親夕飯に「旨いよ」としか言わないみたいなもんやなw
まぁそういうのが必要な場面もあるか
54 ななしのよっしん
2020/07/04(土) 18:36:02 ID: 9y96/x8B/u
ニコラジ他力本願!って叫ぶやつ大好き()
55 ななしのよっしん
2022/02/14(月) 02:07:44 ID: ow5nELfsXV
言葉の意味で言えば誤用ではない
宗民には違うと言われるかもしれないが…
56 ななしのよっしん
2022/02/14(月) 02:33:01 ID: ow5nELfsXV
仏教というものは自覚を促すことを的とした説教の文脈の中で使われてきた経緯がある
そういう訳で仏教は多くが暗示的な意味が付いている
なので同門の相手以外に「誤用である」というのはちょっとどうかと
57 ななしのよっしん
2022/03/20(日) 19:52:02 ID: IyPF8oaVce
誤用も広まれば、誤用じゃなくなる
っていうのは、そうやって発展していったもんなんだから、自然な現なんだと思う
今日この頃
58 ななしのよっしん
2022/09/02(金) 00:03:36 ID: fI/BPq0LU2
これと悪人正機説が組み合わさることによっていくら悪事を犯しても如来が救ってくれるから、欲望のままに生きようぜみたいな思想が信者の間ではびこることになった。