武者小路単語

ムシャノコウジ

武者小路(むしゃこうじ、むしゃのこうじ)とは、日本苗字、地名である。

平安京武者小路があった(現在京都市武者小路通)。苗字としては公家苗字として知られる。江戸時代初期に三条西実条の子、種が武者小路を称した。同じ三条西の分、西郊から養子に入った2代当武者小路実陰は歌人として才を発揮し、霊元上皇より「古今和歌集」の伝授を受けた。武者小路は後も歌で優れた人材を発揮し、維新後は子爵となる。小説家武者小路実篤も一族の一人である。

曖昧さ回避

人名

実在の人物

その他

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%AD%A6%E8%80%85%E5%B0%8F%E8%B7%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

武者小路

1 ななしのよっしん
2012/03/02(金) 03:07:49 ID: 8fuZr8702U
ペンネームだと思ってたが実際にある名字なのか
2 ななしのよっしん
2013/08/18(日) 01:49:52 ID: bcbc5Cl97x
武者小路

急上昇ワード