茶道単語

サドウ

茶道(さどう、ちゃどう)とは、を点てて振る舞う行為、およびその芸である。

概要

茶の湯とはと客との抹茶を介した精交流である。そのためは様々な気配り、もてなしをして、ただただが美味しくなるようにと模索し、客はその心使いを隅々まで感じとりながらをいただく。このようにによる客一体をすことが茶道である。
茶道とは美しいお点前をすこと、と勘違いしている人が多いがそれは誤りで点前や振る舞いの美しさはあくまで一要素であり、抹茶の味、菓子・懐石料理の味、具・の選択、建物・庭、季節時間に合わせた工夫、などの要素も重要となる。このように様々な分野によって間・時間を演出することから総合芸術としての見方もある。

一般的に茶道というと抹茶を用いたもののことをすが、煎を用いた煎茶道もある。

歴史

鎌倉時代に栄西師が中国から宗の抹茶法を持ち帰ったことが始まりである。
初めは用として扱われていたが、後に嗜好品となり室町時代頃には宗での儀式民間での賭博、武での芸といった面も持つようになる。この武奢で格式高い抹茶法を習った珠はそこにわびの思想を取り入れ茶道の深い精性の基礎をつくった。そして武野紹を経て千利休によってわび茶の湯完成する。
その後、利休の子孫や子などにより茶の湯は様々に展開し、発展と衰退を繰り返しながら今に至る。
なお良くにする表千、裏千武者小路はどれも利休の子孫による流であり、合わせて三千と呼ぶ。

茶事・茶会

事とはを介してが客をもてなす正式な場であり、茶道の醍醐味である。ごく少数の客を招待し、懐石料理菓子、濃、薄ふるまい、4時間近くかけて行なわれる。
会とは事を簡略化したものであり、大勢の客が参加することができる。会によって異なるが菓子と薄によるもてなしが一般的で一席30分程で終わる。

  • →一般的な抹茶もこもこと泡立っている薄は大抵が裏千のもの。泡立つかどうかは流によりけり。
  • →どろりとした非常に濃い抹茶。薄は点てると表現するが、濃は練ると表現する。こちらが茶道において正式な抹茶であり、葉の質も薄べて良いものとなる。事のメインであり、一碗の濃を数名で飲みまわす。

事・会ではは席の趣向(テーマ)に沿ってもてなし方を決めることが多く、客はそれを敏感に感じ取り趣向の先にあるの気持ちを読み取ることが必要となる。

茶道具

茶道具とは茶の湯のための具である。伝統工芸技術の結晶であり、美術品、董品にも成り得る。
事・会を行なうためにはいろいろな用途の茶道具が必要になり、一つ一つに数々のバリエーションがある。それらの組み合わせにより、席の趣向を表現することができる。

  • 掛物→床の間に掛けるもの。席の趣向を決定づける重要な具。一行のが書かれた掛軸が多いが、絵画、短歌手紙、短冊、色扇子などもある。何が書いてあるかはもちろん、が書いているかも大切な要素となる。事の際は前半のみ利用する。
  • 入→を飾るための器であり、これも床の間に置く。との相乗効果で季節感を高める。材質では金属、陶器、、籠等、飾り方では置く、掛ける、るすとバリエーションは豊富。事の際は後半のみを飾る。ついでにムクゲ、ツバキがよく使われる。
  • 炉・炉・釜→お湯を沸かす為の具。七輪のようなものが炉、囲炉裏のようなものが炉。どちらも中にを盛り炭火をくべて、その上から釜をのせる。このの盛り方にも様々な種類があり、これだけでかなりの修練が必要になる。炉は頃、炉は頃と使い分ける。
  • 碗→客に抹茶を振舞うための具。客と密接に触れ合う具であり、茶道具の中でも特に注を集める。数の種類の碗があるが、中でも特別な存在が碗である。碗とはの手捏ねによる碗であり、利休によって案された。それまでは中国朝鮮の器を転用し使っていたが、碗は茶の湯の為の器として生み出された。
  • 器→抹茶をいれておく具。濃では入、薄では薄器を使う。入は陶器の小牙の蓋をのせたもので、戦国時代では特に注され一に匹敵する価値もあった。薄器は絵ものが多く、な雰囲気をもつ。形は棗形がよく見られる。
  • 杓→抹茶をすくう具。基本的にはどれも製で同じような形状をしている。人や僧が自作したものが多く、掛物と同じくが作ったかが重要になる。また銘がついていることが多い。
  • 茶筅抹茶をかき混ぜる具。シャカシャカするやつ。流や点前によって微妙な違いがあり、良く見かける茶筅は裏千のもの。茶筅に限った話ではないが、事の度に新品を用意する。

茶人

茶の湯に長けた人のことを人とよぶ。

  • 千利休→わび完成者。人の中の人。思想を基礎として新しいものを創造し、駄なものはいていった。
  • 古田織部→利休の子。利休のを基礎としながら武に合う茶道を生み出した。利休にべ遊び要素がある。
  • 小堀遠州→織部子。建築家、作庭織部より一層軽快になり、綺麗さびといわれる明るくやかな茶道を行う。

和敬清寂

和敬清寂(わけいせいじゃく)。茶道において大切な心構えを四文字に要約した言葉。

  • 和→お互いに心を開き仲良くすること。
  • 敬→お互いを敬い合い、また自身を慎むこと。
  • 清→清らかなこと。清潔というだけでなく、心の清らかさも含む。
  • 寂→どの様なことにも動じないこと。

海外の茶道

中国

中国では「芸」と言われる。一般的に烏龍茶を淹れる方法として「功夫(工夫)」という方法がある。
日本の茶道が精的な交流を的とするのに対して、芸は美味しいお茶を淹れる方法という実用的な的がある。

韓国

韓国では「礼」(タレ) と言われる。もともとは先祖を供養をする儀礼でお茶を飲むことはなかった。
日本に併合されてからお茶を飲む習慣が取り入れられ、それとともに煎茶道をもとにした礼が広まるようになった。
しかし、器を温めるなどお茶をおいしく飲むことに対して見よう見まねで行った感が強く、単なる儀式的なものにとどまっており、日本中国と異なりお茶をおいしくいただく論理性に欠けている。

ニコニコでの茶道

茶道をしているキャラクター

関連動画

関連静画

関連立体

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%8C%B6%E9%81%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

茶道

13 ななしのよっしん
2015/06/23(火) 15:31:56 ID: fQGcIY0S7/
カオス茶道みたいな茶道があってもいいと思うの。
14 ななしのよっしん
2015/08/02(日) 02:24:48 ID: YiuMO9IJgU
古代の暗殺拳、チャドーの構えだ!
15 ななしのよっしん
2015/08/25(火) 22:28:17 ID: vfDyolCEdx
チャドの霊圧が消えた…!?
16 ななしのよっしん
2015/12/14(月) 18:50:26 ID: CJXZmoEPue
>>11
>>12
何言ってんだコイツ
17 ななしのよっしん
2017/02/02(木) 16:50:25 ID: 8g28UjIMZZ
>>11
パクリも何も中国芸と日本茶道は別物なんだよなあ…。
中国の味を楽しむ事を眼においてるけど、日本は闘の否定から始まったってそれ一番言われてるから。
お江戸時代以降の茶道は利休の思想と別物な模様
18 ななしのよっしん
2017/02/19(日) 02:06:04 ID: ABDou8rCsC
>>3
>中国の美味しく飲むことを的とした茶道いな
>>4
>中国は味だけじゃなくて香りも存分に楽しむ煎れ方するからな。

さらに言うと見たを楽しむもある。
とかの形になってる葉とか、ポットの中でニョキニョキ成長してを咲かせる葉とか。

中国は「」単体でどーこーと言うよりは、とにかく客をもてなすことに眼が置かれてて、相手が楽しんでくれるなら細かい作法にはこだわないよってスタンス
19 ななしのよっしん
2017/04/09(日) 12:33:52 ID: Fy9J1n5yyt
茶道こそクールジャパンの全て
20 ななしのよっしん
2017/04/09(日) 12:48:30 ID: lpimL3iqDr
つまりこうだな

千 利休「わびござる
小堀遠州「さびでござる
古田織部「遊びでござる
21 ななしのよっしん
2017/05/27(土) 16:22:18 ID: 8g28UjIMZZ
全然関係いけど抹茶カフェインは飲み物の中でトップクラスという事実
22 ななしのよっしん
2018/08/07(火) 14:53:23 ID: 2VTA/ttgLP
>>18
茶道は修養、芸は娯楽。それぞれに良さがあっていい
茶道」「芸」って名前はホントに実態に沿っててうまいと思う
全くの別物なのにパクりだなんだっていう人がいることに驚きだわ