畠山理仁単語

ハタケヤマミチヨシ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

畠山理仁とは、ニコ生イチローに間違えられるフリーランスライターである。

1973年愛知県生まれ。

早稲田大学第一文学部在学中の1993年より雑誌を中心に取材・執筆活動を開始。

関心テーマ政治家選挙内のみならず、アメリカドイツイラクヨルダン北朝鮮台湾なども取材。

自著に『記者会見ゲリラ戦記』(扶桑社新書)、『領土問題、私はこう考える!』(集英社)。取材・構成、編集協した書籍に『日本インディーズ補列伝』(大川豊著・扶桑社)、『10分後にうんこが出ます』(中西士著・新潮社)、『新しい日外交を切り拓く』(田佐世著・集英社)などがある。東日本大震災以降は、被災地に生きる人々も取材している。

2017年選挙の魔に取り憑かれた泡補(=頼系独立補)たちの「独自の戦い」を追い続けた20年間の記録『黙殺 報じられない“頼系独立補”たちの戦い』が、「第15回 開高健ノンフィクション賞」を受賞。

関連生放送

 

 

 

関連商品

 

関連チャンネル

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%95%A0%E5%B1%B1%E7%90%86%E4%BB%81

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

畠山理仁

1 ななしのよっしん
2018/06/03(日) 15:41:19 ID: OjAedAXCD+
応援弁士が「新潟県には、女性の知事は必要ないんです」と発言
http://blogos.com/article/301555/exit

5月31日新潟県知事選挙のためにで行われた街頭演説
花角英世補の応援演説に立った地元商工会長の発言動画アップしました。