部室単語

ブシツ
1.6千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

部室(ぶしつ)とは、学校などにおいて部活動のために使われる部屋である。

ただし、部活動とは関係なく単に「部屋」という意味で使われることもある。その場合は「部室」と書いて「へや」と読むこともある。

概要

部活動クラブ活動、サークル活動、同好会活動)のために使用される部屋。それぞれの部活に専用の部室が与えられることが多いようだが、複数の部活が共同で使用する部室もありうる。そもそも「部室」が全ての部活に必ず必ず与えられるとは限らず、部室がある部活動部活動に分かれていることもある。

運動部のように広い場所を必要とするスポーツ系の部活であれば、メインの活動であるスポーツ自体はグラウンドや体育館などの運動のための場所で行われることが多く、部室は更衣や控室、あるいは各種資料等の保管場所などとして使用されることになる。一方、さほど広い場所を必要としない部活動(例えば文科系部活動のうち、部員が少ないもの)であれば、部活動メインの場所が部室であったりもする。

「部室」が集まった専用の建造物(「部室棟」など)が存在していることもあれば、学校の校舎などとなる建物の中に部室用の部屋が用意されていたり、あるいはいわゆる「部屋」が部室に充てられることもある。これらが一つの学校などにおいて混在していることもある。例えば「グラウンドをに使う部活群のためにグラウンドに部室棟があり、体育館をに使う部活群のために体育館のにも部室棟があり、文化部の部室は校舎内にある」場合など。

部員らによって、部活動本質とは関係のない用途に使われることもある。いわゆる「溜まり場」として部室に集まって世間話をしたり休憩したりするくらいなら問題は少ないが、教師などの管理者のが届きにくいことをいいことに、部活動と関係がい娯楽用品やアルコールタバコなどが持ち込まれてしまったり、飲喫煙いじめなどといった問題行動の場になってしまうこともある。

いつからある言葉/存在なのか

「部室」の二文字は、上記のように単なる「部屋」という意味合いをも持ちうる言葉であるし、その意味合いで「へや」と読むことすらある。そのために「部活動に用する部屋」という意味での「部室」(ぶしつ)という言葉がいつごろから日本語に定着したのかを探るのがやや難しくなっている。

例えば1952年発行の『半世紀の早稲田体育』という書籍には、「ところがその部室がたまたま時のいわゆるア式蹴球と同室だつたので」「わが弓道部の部室」といった記述が登場している[1]。しかしこれらの記述が「部室」を「ぶしつ」と読んで「部活動に用する部屋」という意味がこの二文字自体に含まれることを想定して書いたものか、あるいは単に「部屋」という意味で書いていたのかは、これだけではわからない。

かしこれらの記述から、既にこの時には「部活用の部屋」が存在していたことは確実と思われる。「部室」(ぶしつ)という名称が確立していたかどうかはともかく、学校などにおける「部活動」が存在し始めればおそらく割とすぐに必要とされたものであろう。

創作物における部室

たいていの学校には部活動があるので、学校舞台とする創作作品、つまりいわゆる「学園もの」においては部室が登場することが少なくない。「部室が物語舞台である」ような作品すらある。

部室がなんらかの形で争奪戦の的になってしまうような展開もみられる。例えば「学校側(あるいは生徒会など)によって部室が没収されることになり、それを撤回させるために奔走する」とか、「ある部活が、他の部活から部室を接収してしまう」などなどが「よくある展開」かもしれない。「よくある」と言いつつ具体的な作品名がすぐには出てこないが……。

関連動画

関連静画

関連立体

関連項目

脚注

  1. *半世紀の早稲田体育 - 早稲田大学. 体育局 - Google ブックスexit

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%83%A8%E5%AE%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

部室

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 部室についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


ニコニコニューストピックス