弓道単語

キュウドウ
  • 20
  • 0pt
掲示板へ

弓道(きゅうどう)とは、和を用いて、矢を的に命中させる競技である。

概要

アイマス野球道Girl'Sについて語るスレ#22を使う競技ということで、アーチェリー(洋)とよく較されるが、その性質は異なる。

例えば弓道の場合は(遠近競射を除いて)とにかく的に中(あた)れば1点となるのに対して、アーチェリーは中った位置によって得点が異なるなど。

およそ28mの離れた距離の的を狙う近的(きんてき)と、およそ60m離れた的を狙う遠的(えんてき)の二種があるが、ゲーム等で描かれる時は近的の絵が圧倒的に多い。

実際に中てるには十分な練習が必要で、気をつけないと顔を打ったりする事もある。精を集中しを引き絞り、またそれをある程度の時間保持して伸びなければならなず(「会」と呼ばれる)、体と精を必要とする。

余談であるが、を「引く」と言うよりは、を持った方の左手を的に向かって「押す」という方が実情に近い。弓道でも左手のことを「押し手」と呼ぶ。

射法八節

弓道において基本とされているものに射法八節と呼ばれるものがある。

  1. 足踏み(あしぶみ) - 足をある程度の大きさに開く。
  2. 胴作り(どうづくり) - 下半身の上において上半身の姿勢を整える。
  3. 構え(ゆがまえ) - を構え、矢を番える。
  4. 打起し(うちおこし) - を持った両手を頭上に上げる。
  5. 引分け(ひきわけ) - を実際に引く段階。
  6. 会(かい) - を引き、狙いを定める。このとき姿勢及び精状態が安定に整っていなければならない。
  7. 離れ(はなれ) - 矢を放つ段階。
  8. 残心(ざんしん) - 矢が放たれた後の姿勢。

これらは弓道初心者がまず最初に覚えることであり、また段審の筆記試験においても出題される内容である。

道具

 by |・▴・๑)<D.*Shoku ユーザーID:13853989スレ#47

の長さは七尺三寸(約2.21m)。一般的には製だが、近年ではグラスファイバー製のものも立つ。

製のでは、高い物では10万円をえることがある。

の持ち手は全体から見て下から約三分の一の部分にある。持ち手には革を巻いて使用する。

矢 by |・▴・๑)<D.*Shoku ユーザーID:13853989スレ#44

矢は、箆(の)と呼ばれる筒の部分、矢羽、矢じり、からなる。箆は製、ジュラルミン製、カーボン製などがある。

製の物は較的高額である。

矢羽には鷲羽ターキー(七面)羽などをもちいる。ターキー製は安価だが、損耗しやすい。

矢は矢筒と呼ばれるケースに入れて持ち運びする。

弽 by |・▴・๑)<D.*Shoku ユーザーID:13853989スレ#46

弽(ゆがけ)は、を引くときに右手にはめる、手袋のようなものである。素材鹿革で出来ているものが一般的。

・人差・中(又は加えて)のがあり、親の部分が太く、堅くなっているものが多い。 右のイラストは広く使われている「三ツ弽」、まで覆うものは「四ツ弽」と呼ばれる。

この親に弦をひっかけを引く。

星的(八寸) by |・▴・๑)<D.*Shoku ユーザーID:13853989スレ#46霞的 by |・▴・๑)<D.*Shoku ユーザーID:13853989スレ#44

競技、練習の際に標的になる的。右のイラスト的と的。

近的で使われる的は直径36cm的、または直径24cm(八寸尺)の的が一般的。他にも円周ごとに色分けされた「得点的」、直径三寸の的を貼った「金的」などがある。

基本的に、的のどこに中っても得点は変わらない。

着衣

基本として筒袖にの弓道着姿を練習着とする。女性の場合、胸当てをつけることもある。

ただし、射礼といった儀礼などの場においては、和服を着用する。

試合

弓道の試合は、個人戦または3人、5人、6人のチーム(「立(たち)」という)を組んで行う場合が多い。他校との練習試合では一回につき一人4射ずつ、相手校と交互に射場に立ってを引く。計5回繰り返すと一人20射、3人立なら合計60射引くことになるがその中で、何中したかで競う。県大会などの公式戦の場合は、一回、一人4射のみで相手校と勝負する。両チームで同中の場合は、選手がそれぞれ1本ずつ引く、競射が行われる。サッカーPK戦に例えることが出来よう。

5人立の場合、前より選手は大前(おおまえ)、二番(にばん)、中(なか)、落ち前(おちまえ)、落ち(おち)というポジションに付く(他の呼び方については附記参照)。前の連中がスコスコ外した場合、プレッシャーがかかるので落ちに将や、優秀な選手を置くことが多い。

弓道部

部活動は、的にめがけて矢を中てる練習が活動の中心となる。付随的に底の抜けたの様な的に的のを貼ったり、的を設置する為に盛り上げた土(「安土(あづち)」という)の整備、場の掃除などが行われる。

通常射場は開放であるため、一般的には暑く、は寒い競技である。

一般的に高校から弓道を始める者が多い。というのも中学以下で弓道をやる環境があまりないからである(もちろんい訳ではない)。

附記:呼称について

弓道の用には団体毎に差があり、どれが正しいというわけではない。ポジションについては二番を中前(なかまえ)や二的(にてき)、中を中立(なかだち)や落ち前々(おちまえまえ)と呼んだりすることもある。また左手を押し手や手(ゆんで)、右手の事は勝手(かって)、手(めて)と呼ぶなど数限りない。

関連人物

架空の人物

アニメ

漫画

ゲーム

その他

実写作品登場人物

弓道経験のある著名人

関連動画

アニメ

CM

その他

関連商品

関連項目

関連外部リンク


今週のおすすめ この記事は第343回の今週のオススメ記事に選ばれました!

【スポンサーリンク】

  • 20
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%BC%93%E9%81%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

弓道

659 ななしのよっしん
2021/05/28(金) 03:12:02 ID: ZvFVd2BMP8
いかにも漫画的な発想だな
寸止め空手は喧弱いみたいな一昔前のヤンキー漫画の孫引きみたいな発想。

だからスカッとジャパンネットの「嫌味な上をさらに上がやりこめた」みたいな実戦的な()君が出てきたりする
660 ななしのよっしん
2021/05/28(金) 03:18:39 ID: DjOe65GxWl
路上で柔道マジバイ
661 ななしのよっしん
2021/06/01(火) 17:21:08 ID: +dD2EVLI1s
実戦とはなんぞやって話かな

まずはなっから意を持ってる人間が他の人間日常生活で危を加えるにあたってという意味ならもうなんでもいいと思うんだ
ナイフでもブラックジャックでも品でも拳銃でも
攻撃側が自分のタイミングで自分が実行できると思った時にやればいいんだからどういう手段でも圧倒的に有利になる

いわゆる「実戦」としてここでみんながイメージするのは面と向かって雰囲気悪くなって「やんのかコラ」で始まる喧かな
空手柔道を始め格闘技とか体を鍛えるのはこういうのだと大変に有利だろう
そのときに武器を持ち歩いてたり、持ってても準備する手間がないし
ただ生半可な格闘技だとウェイト差にはかなわなそう でもウェイトを作るのも格闘技の訓練のうちだからかな
なんにせよ体が強いに越したことはないよね
武道の素肌剣術居合なんかはカテゴライズ的には実はこれな気がする
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
662 ななしのよっしん
2021/06/01(火) 17:56:31 ID: +dD2EVLI1s
ああ、別に格闘技が弱いと言ってるわけじゃないんだ。
むしろ強いと思う。
空手なんかだと基本的なワンツーパンチをいきなりやるだけでも相手は対応できずにボディをモロに食らうだろうし、弱い相手ならそれだけで動けなくなるんじゃないだろうか。
ただ勝てそうな相手に不意討ちでかますというなら後ろからぶん殴るのと何が違うんだって思うし、
同等以上の体の相手と頭に血が上って痛みも感じないくらいドツき合って勝ったら果たして空手で勝ったのか体格で勝ったのかってなる。
少なくとも高校空手やってた一番動けた頃のラグビー部に喧売る気はしなかったな。

あと「実戦」で言うなら相手がナイフやら器を持ち出す可性もあるわけだし、
そうでなくても自分以上に強い相手だったら、極端な話、空手柔道やってるよりもダッシュ逃げれる陸上部のほうが良いかもしれない。
そういう意味で「実戦で格闘技がそれ単独で役に立つか微妙」と言った。

武術兵法の類は使う場面や状況、社会情勢を踏まえてのものだとは思う。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
663 ななしのよっしん
2021/06/01(火) 18:03:38 ID: +dD2EVLI1s
なお、上でいう空手は一般的なスポーツ空手であって刃牙独歩みたいな局部急所破壊を訓練する殺人術は全く考慮していません。
もしやってるやつがいたらそれこそ話を聞いてみたいわ。
沖縄で貫手で潰しして撃退したと言するじいちゃんはいたな。
664 ななしのよっしん
2021/06/05(土) 19:29:08 ID: SnzTmX7Rda
現代日本に暮らす一般市民にとって実戦とはなんぞやというのは考えるだけ不毛かもしれないけど
単純に遠くの的を撃ち抜ける武器は凄いって思うしそれを上手に扱えるのはかっこいいってのは確かにあるよね
665 ななしのよっしん
2021/06/08(火) 09:32:45 ID: +dD2EVLI1s
そう、ここの話題として根本的にはそこに帰結する。カッコイイよな。
問題は人それぞれめるカッコ良さが違うことで「カタナで接近戦いいよな!」「香港ガンアクションだろ」「泥臭く工夫してにはめる展開もいい」って感じで弓道の作法はそのバリエーション
なんだが、太三百年分という中途半端な歴史の深さと変な権威、本来は事故防止のためである礼節により、弓道カッコ良さは他のカッコ良さより問答用で上等である、と考える履修者が時々いるのが問題なわけで。
666 ななしのよっしん
2021/06/08(火) 18:02:39 ID: +dD2EVLI1s
この場合の実戦性というのは言い換えれば学術性だ。
歴史や戦術、物理学的な考察と実績。
カッコ良さをリアリティという軸から補強するものなのでソレソレで尊重されるべき、なんだが……

学術性という面で見れば近年はガチで西洋武術検証・復活させようと試みる団体の各種発表があったりするし、そういうのとべれば弓道が持つ学術性は今や伝統にあぐらを掻いたもので陳腐で物足りない。
競技性が洗練されているなら運動学的な権威はまだ認められるのだが、競技面でも(バックボーンを忘れたために陳腐化しがちな)精性重視過ぎてアーチェリーなんかに遅れをとっている。
という現状を踏まえた上で弓道の権威には今となっては疑問符つくよね、という話。
667 ななしのよっしん
2021/06/08(火) 18:13:48 ID: +dD2EVLI1s
つまり「偉い人がこう言ってるからこうなんだ」をずるずると続けてしまっているから、どの辺りまでが精性でどの辺りまでが実戦性なのかということもよく分からず、考察実験で先人の知恵や工夫を生きた形で受け継ぐこともなく、競技を通して洗練されることもないのでただいたずらに権威と精性(自意識と言い換えて良い)ばかりが肥大化しているんじゃないかなーと思うわけさ。
668 ななしのよっしん
2021/07/24(土) 17:14:50 ID: iaP8OVXWw3
弓道馬鹿にするつもりが武道全般を馬鹿にせざるを得なくなって悲しい

過去のオススメ記事