Euphoric Trance単語

ユーフォリックトランス

Euphoric Trance(ユーフォリックトランス)とは、トランスジャンルである。

概要

Euphoric Tranceとは数年前まで世界的な定着はしていなかったもの、
ここ数年を経て、今やトランス流となったジャンルである。

明確な線引きはないが、トランス本来の要素を含んでいる曲をす。

尚、近年ではUplifting Trance(アップリフティングトランス)という呼び方のほうが一般的である。
Progressive Tranceも同じジャンルとして扱われることが多い。

 
な特徴】

癒しや恍惚、哀愁系や感動系、壮大なメロディを彷彿とさせるような曲調
が多い。
近年では“泣きのトランス”と表現される場合が多い。

その為、代表的なシンセリードの他に、ピアノバイオリン等の音色や
トランスに多く使われるプラックと呼ばれる音色も多く使われている。
一般的な楽曲のBPM136.0~140.0。

代表的なアーティストAbove & Beyond等のanjunabeats系であったが
最近では、曲調的にもプログレッシブハウス寄りになっているので
2012年現在アップリフティングトランスの代表的なアーティスト
Aly & Fila, Arctic Moon, Suncatcher, Daniel Kandi, Sean Tyas, Redstar, Paul Millerなど。

アップリフティングトランスというジャンルがどういった楽曲なのかを知りたい場合は
上記アーティストの楽曲が参考になると思うので是非とも探してもらいたい。

アップリフティングトランスユーフォリックトランスと同じようによく話題にあがるジャンルは、
Progressive TranceProgressive Houseがある。

YoutubeUstreamニコニコ動画など動画ストリーミングサイトにおいての存在としては
ネットラジオDJ MIXサブカルチャーアニメ)などを多用した一部の海外AMVなどで
聴かれる機会が多くなっている。

楽曲の購入について

一般的な販売形式はいわゆる“デジタルリリース”というもので
その多くはBeatportiTunes Store, Juno Download, amazon mp3等で見かける事が出来る。

その為、楽曲の購入にはクレジットカードによる決済が一般的である。

ArmadaAnjunabeats等、大手レーベルからは一部CDリリースも行われているが
その多くはDJMIXRadio Edit形式であったり、フルレングス版ではなかったりするので
楽曲をフルで聴きたいという場合には上記ネットストアから購入する必要がある。

買うかどうかはともかく、Beatport等では簡単に試聴も出来るので
興味を持たれた方は一度アクセスしてみるのもいいだろう。

「前奏長い」

ニコニコ動画上において、もはやトランス動画の代名詞となった「単調」「イントロ長い」「前奏長い」

ひとつ忘れてはいけないのは“前奏含めトランス”なのである。

つまり、J-POPで例えると「前奏長い」とコメントしているときには既にAメロ、Bメロに突入しているのだ。
前奏(=ブレイクやビルドアップ等)が長いのは、クラブミュージック特性といっても過言ではない。

退屈だ、前奏まだ、という逸る気持ちを抑え、一度じっくり聴いてみるのはいかがだろう。
その分いつもより、また別の線で曲を聴くことができるかもしれない。
ためてためて・・・ためてからの、というその展開がいいのではないかと思う。

なんだか敷居が高い、と思う方にはRadio EditMIX CDをオススメしたい。

ニコニコ生放送Ustream等ではDJ MIXを配信されているネットラジオDJの方々が数多くいるので
そちらのほうを視聴してみるのもひとつの手ではないだろうか。

関連動画

 

海外・国内AMVに使用されている例

 

ユーフォリック要素があるボーカロイド曲の例

                                                    
  
 

その他、ニコニコ動画に投稿されたオリジナル・Remix作品

   

関連商品 

                                           

関連コミュニティ

                                                                                    

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/euphoric%20trance

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Euphoric Trance

10 ななしのよっしん
2012/10/27(土) 17:11:11 ID: zQ8uK/dD5z
個人的にはDiscoverの音がツボ
John AskewやActivaあたり
リズムパートがしっかりしててメロディ一辺倒じゃない所が好き
Sean TyasJohn O'Callaghanも元々Discover所属なだけあって作が近いよね
11 ななしのよっしん
2013/04/14(日) 14:07:50 ID: z4hYvuKD8a
Andrew Rayelいいよね
Euphoricに分類されるのかは微妙な曲もあるけど
12 ななしのよっしん
2013/10/04(金) 22:50:39 ID: ihgsfYgLhH
一昔前Heavenly Tranceって呼ばれてなかった?
13 ななしのよっしん
2015/10/11(日) 02:51:40 ID: DziZKd41op
Uplifting&Euphoric良いな最高だよ。

かしこジャンル作曲していた人たちがEDM系に浸食されて
曲調が150-180度位変わった人もいるなって。
論、良い曲だなっては思う時はあるけどね...

これも時代の流れかぁ...
14 ななしのよっしん
2015/12/27(日) 17:17:43 ID: EebgpuQ8Mr
upliftingって高揚させるとかいう意味じゃなかったっけ?
なのにuplifting tranceブチアゲ系じゃなくて落ち着く系なtranceが多いんだよなぁ
なんでuplifting tranceなんて呼ばれるようになったんだろ?
15 ななしのよっしん
2016/07/12(火) 23:42:40 ID: WBBCwSqszO
かなり曖昧にしか覚えてなくて、もし心当たりがあったらなんですが
Uplifting Tranceの曲で、かなりメジャーな曲で
MVの雰囲気は機械的、機質的で、確か?みたいな形の場面もあった気がします
また曲の始まりは機械の起動音みたいな所から入っていたと思います
もし分かる人いたらぜひ教えて下さい
もしかしたらTranceでかなりメジャーな曲だったかもしれません
本当にこんな曖昧な情報しかありませんが、これかもって場合でも構いませんのでよろしくおねがいします
16 ななしのよっしん
2016/09/28(水) 08:53:21 ID: wkq9ukhHzP
>>14
progとかハウスに近しいトランスBPM130弱なのに対して
upliftはBPM140弱でトランスとしてはアップテンポジャンルだからよ

>>15
ligayaかtenshiかなあ
アップリフトっていうかエピックとかの時代だけど
17 ななしのよっしん
2017/01/06(金) 16:32:38 ID: K0UaoUa0yf
>>15
物凄い亀レスだけど「Tiësto and Sneaky Sound System - I Will Be Here」かも?
18 ななしのよっしん
2017/02/26(日) 02:19:42 ID: KieG3Hv5gE
>>16
曲の中にupliftを使っているからではかったか?
ブレイクダウンからクライマックスに移動する間の繋にアップリフティングを多様するからでは?

基本トランスABBAの4段階で構成されて、Aメロイントロアウトローに使ってBメロサビ的なメロを静かなブレイク、飛び跳ねるクライマックスで分けて、ブレイクからクライマックスに行く繋ぎに一気に引き上げる変化を加える構成だからだと思うが
19 名無し
2018/08/26(日) 15:38:54 ID: dOdJLLBY3P
ETASONICはアップリフティング界の最後の希望
とにかく ETMぽいトランス替えする腑抜けがおおいなか
直球の高揚系アップリフティングサウンドで勝負する姿勢 すこ

急上昇ワード

2019/09/19(木)13時更新